ページの先頭です
メニューの終端です。

その他の高齢者福祉サービス

[2016年9月30日]

ID:52

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

それぞれの助成などの「概要」を記述しています。
実際に該当するかどうかなど、詳細につきましては、長寿介護課長寿福祉グループまでお問い合わせください。

高齢者等救命バトン配布事業

対象者

市内在住で(1)から(3)のいずれかに該当する希望者
(1)65歳以上のひとり暮らしの人
(2)65歳以上のみで暮らしている世帯の人
(3)障害・病気等で健康状態に不安を抱える人

筒型容器の救命バトンと救命カードとシールの写真

筒型容器の救命バトン、救命カード、シールの写真

内容

高齢者等救命バトンは、緊急連絡先やかかりつけ病院、治療中の病気などを書き込んだ救命カードを筒型容器(救命バトン)に入れ、冷蔵庫に保管しておくことで、万が一の救急時に備えるものです。上記対象者でご希望の人には、救命バトン一式を無料配布します。

受付場所

所定の申請用紙に必要事項を記入のうえ、「市役所長寿介護課」、「さくらの家」、「南部老人憩の家」のいずれかでお申し込みください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

すこやかタクシー料金助成

お年寄りの自立と社会参加をうながし、日常生活を容易に行うため、タクシーを利用した場合の料金の一部を助成しています。

対象者

市内に住所を有する満85歳以上の人

内容

タクシー基本料金と迎車料金を助成します。チケット月2枚

すこやかタクシー料金助成(乗降介助)

65歳以上の要支援認定等のある人等で介助なしでの乗降が困難な人の外出を容易にするため、タクシーを利用した場合の料金と乗降介助料の一部を助成しています。

対象者

  • 要支援認定等のある65歳以上の人で介助なしで移動することが困難な人であり、かつ介護保険サービスでの通院等乗降介助を利用できない人

※介護支援専門員等による意見書をが必要です。

内容

タクシー基本料金と迎車料金の助成加え、乗降介助料金分(1乗車500円を上限)を助成します。チケット月2枚

リフトタクシー料金助成

ねたきりのお年寄りおよび障害者の外出を容易にするため、リフトタクシーを利用した場合の料金の一部を助成しています。

対象者

市が認定したねたきりの人や、要介護4または5に認定された在宅の人。

内容

リフトタクシー利用料金の半額を助成します。チケット月1枚 上限5,000円

シルバー優待証明カード交付

対象者

市内に住所を有する満65歳以上の人

軽減または、無料になる施設

  • 名古屋港水族館・・・1,000円が必要です。
  • 南極観測船「ふじ」、名古屋ポートビル内の名古屋海洋博物館と展望室・・・無料

交付の手続き

カードの発行は、本人または代理人が長寿介護課まで本人確認できる身分証明書をご持参のうえ直接申し出てください。その場で発行します。

高齢者等賃貸住宅住み替え助成

高齢者等対応住宅に住み替える人への助成制度を行っています。

対象者

65歳以上の人や、身体障害者手帳1級か2級をお持ちの人。または、これらの人を扶養し、同居されている人。
なお、引き続き1年以上市内にお住まいで、市税の滞納がなく、住み替えにかかるほかの助成を受けていない人に限ります。(収入要件有り)

内容

引越し代と、今お住まいの賃貸住宅の退去にかかる修繕費用を合計した2分の1で、限度額は20万円

高齢者住宅改善費助成

対象者

前年度所得税課税年額が42,000円以下で、介護保険の要介護・要支援の認定を受けている人もしくは要介護認定で非該当と判定された人

内容

日常生活を安全で容易にするため、市が必要と認めた住宅改善(手すりの設置や段差解消など)をする場合に、その経費の2分の1を助成します。上限は50万円で所得段階によって助成額は異なります。


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ