ページの先頭です
メニューの終端です。

不育症

[2016年9月1日]

ID:159

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

不育症とは、妊娠はするものの、なんらかの原因でお腹の中の赤ちゃんが育たず、流産や死産などを繰り返し、出産まで至らない状態で、一般的には2回以上の流産、死産、あるいは早期新生児死亡がある場合に「不育症」と定義されます。厚生労働省の研究班の調査によりますと、不育症患者数は全国で140万人とされています。この不育症は、まだあまり知られていませんが、専門医療機関での検査と適切な治療を受けることにより、不育症患者さんの85%の方は出産の可能性があると言われています。不育症についての専門医は少ない状況ではありますが、不育症について知り、専門機関へご相談ください。

不育症相談窓口「愛知県不妊・不育専門相談センター」

1.電話相談(専用)

052-741-7830

毎週月曜日 午前10時から午後1時
毎週木曜日 午前10時から午後1時
毎月第1・3水曜日 午後6時から午後9時
年末年始・盆・祝日等を除く

2.面接相談(要予約)

予約電話番号:052-741-7830

関連ページ

お問い合わせ

岩倉市役所健康福祉部健康課健康支援グループ

電話: 0587-37-3511

ファックス: 0587-37-3931

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ