ページの先頭です
メニューの終端です。

赤ちゃんが小さく生まれたら

[2016年9月1日]

ID:161

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1.低体重児出生届

出生時の体重が2500グラム未満の赤ちゃんを出産したときには、生活環境や病気の予防など十分な配慮が必要になるため、母子保健法に基づき低体重児出生届を提出することになっています。
届出書は、母子健康手帳交付のときにお渡ししている妊婦・乳児健康診査受診票綴りに入っています。なお、助産師や保健師が家庭訪問あるいは電話をし、母子の健康状態や発育・育児の相談を行っています。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2.岩倉市未熟児養育医療費給付事業

岩倉市未熟児養育医療費給付事業についてご案内をします。

未熟児養育医療費給付事業とは

未熟児養育医療費給付事業とは、身体の発達が未熟なまま生まれた乳児が、指定する医療機関で入院治療を受ける場合、その医療費を公費で負担する制度です。
なお、世帯の所得によっては、一部自己負担が生じる場合もあります(この自己負担額は、子ども医療費助成制度の対象となります)。

対象者

岩倉市に居住している未熟児で、以下のいずれかに該当し、医師が入院養育を必要と認めた場合。

  1. 出生体重が2,000g以下
  2. 生活力が特に弱く、次の症状がある場合
     体温が摂氏34度以下、強度のチアノーゼが持続する、チアノーゼ発作を繰り返す、生後24時間以上排便がない、生後48時間以上嘔吐が持続、異常に強い黄疸がある・・・などです。

対象となる治療範囲

対象となる医療は、入院治療に対する医療に限ります。
保険給付の対象とならないもの(容器代、ベッド代の差額、文書料など)や認定された疾病以外は給付の対象になりません。

給付期間

指定医が必要と認めた期間で、原則3か月未満です。引き続き養育医療が必要な場合は、継続の手続きが必要となります。

未熟児養育医療給付を受けるには

申請場所

岩倉市保健センター(岩倉市旭町一丁目20番地 電話0587-37-3511)
※申請書類等を窓口にお持ちください。
平日の午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日および年末年始を除く)

申請期限

給付の対象になると診断されたら速やかに申請してください。
退院後の申請は受け付けることができませんのでご注意ください。

申請に必要な書類

  1. 印鑑(認印) ※スタンプは不可
  2. 健康保険証(提示)
     健康保険証は、医療を受けるお子さんの名前が入ったもの。
     ただし、健康保険証の扶養手続きが間に合わない場合は、お子さんを扶養する方の健康保険証をお持ちください。後日、お子さんの名前が入った健康保険証の写しを提出してください。
  3. 養育医療給付申請書 様式第1
     申請者(保護者)が記入
  4. 世帯調書
     申請者(保護者)が記入(同居の家族全員を記入。受療者本人を含む)
  5. 養育医療意見書 様式第2
     入院中の病院主治医に記入してもらってください。
  6. 委任状(養育医療制度の自己負担金を子ども医療費助成制度で処理するための保護者の手続きを簡略化します。)
  7. 生計を同一にする世帯員および世帯外扶養義務者の所得税額等を証明する書類
    ※4の世帯調書にある同意書に基づき省略できます。ただし、以下の方は必要です。
    ・1月から6月に申請で前年1月1日に岩倉市に住所を有していない方は、「前々年分の所得税額を証明する書類」
    ・7月から12月に申請で当年1月1日に岩倉市に住所を有していない方は、「前年分の所得税額を証明する書類」
    ・所得税額等を証明する書類とは
    (1)会社員等で給与収入があり、確定申告をしていない方…源泉徴収票の原本
    (備考)お手元にない場合は、会社等で再発行してもらってください。
    (2)自営業や確定申告をされた方…税務署発行の*「納税証明書(その1)」の原本と確定申告書控えの写し
    (3)(1)または(2)で所得税額が0円の方…市町村民税の課税証明書
    「納税証明書」は下記で交付してもらうことができます。
    小牧税務署 0568(72)2111
    〒485-8651小牧市中央1丁目424
    (名鉄小牧駅下車徒歩5分・月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時)

給付決定について

  • 申請日から1週間程度で『養育医療券』を郵送します。
  • 『養育医療券』が交付されたら、速やかに健康保険証と併せて医療機関へ提示してください。保険診療分の自己負担分を医療券により市が負担します。
  • 住所や健康保険証など、申請時の内容に変更があった時は、再度申請が必要です。

その他

退院し、医療費を医療機関に支払った場合は、給付申請できませんのでご注意ください。

お問い合わせ

岩倉市役所健康福祉部健康課健康支援グループ

電話: 0587-37-3511

ファックス: 0587-37-3931

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ