ページの先頭です
メニューの終端です。

公的個人認証サービス

[2016年8月25日]

ID:213

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住民基本台帳カードへの電子証明書の発行終了について

マイナンバー(社会保障・税番号)制度の開始に伴い、住民基本台帳カードへの電子証明書の発行および更新は終了しました。

既に発行済の電子証明については、有効期限まで利用可能です。
平成28年1月からは、電子証明が標準搭載されたマイナンバーカード(個人番号カード)の交付が始まりました。

公的個人認証サービスとは

概要

公的個人認証サービスとは、オンラインで(インターネットを通じて)申請や届出といった行政手続きなどやインターネットサイトにログインを行う際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段です。 「電子証明書」と呼ばれるデータを外部から読み取られるおそれのないマイナンバーカード等のICカードに記録することで利用が可能となります。電子証明書には、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類があります。

このサービスを受けるには、電子署名および電子利用者証明を行うにあたって必要となる秘密鍵および公開鍵並びに地方公共団体情報システム機構(以下「機構」という。)が発行した利用者本人の電子証明書を市町村窓口において入手します。秘密鍵および公開鍵並びに電子証明書は、電子データとして、ICカードに格納され、各自が設定するパスワードとともに使用します。


利用方法

電子証明書を取得すると、自宅等のパソコンから行政機関に対し申請や届出(オンライン手続き)が行えるようになります。
岩倉市に対しては電子申請・届出システムを利用し、住民票の写しや印鑑登録証明書などの交付請求を行っていただくことができます。岩倉市以外での利用はe-Tax(国税の電子申告・納税システム)が代表的です。

有効期間と失効

電子証明書の発行日後の5回目の誕生日または、搭載されたマイナンバーカードの有効期間満了日のどちらか早い日まで。
ただし、住所・氏名・生年月日・性別の変更があると電子証明書の効力は失効します。

更新手続き

更新手続きは、有効期間満了日の3カ月前から行うことができます。有効期間満了前に更新を行った場合、有効期間は更新日後の6回目の誕生日までとなります。

必要な機器等

  • インターネットを利用できる環境
  • 有効期間内のマイナンバーカードまたは住民基本台帳カード
  • ICカードリーダライタ
  • 利用する制度ごとに必要なプログラムのインストール

申請方法

本人が市役所窓口に来て申請する場合

  1. マイナンバーカードを持参して手続きをしてください。
  2. 電子証明書の格納にはマイナンバーカードの暗証番号の入力が必要です。また、新たに電子証明書用のパスワードの設定が必要ですので事前に決めておいてください。
    更新の場合には、以前の電子証明書の発行の際に決めた暗証番号の入力が必要です。


本人が市役所窓口に来られず、代理人に委任する場合

  1. 申請者本人が記入した申請書、委任状および申請者本人のマイナンバーカードを、代理人に窓口まで持参していただき、照会書の郵送依頼をしていただきます(注:この時点ではまだ「申請」ではありません)。
    また、代理人は、代理人の国や県などの官公署が発行した顔写真付き身分証明書の提示が必要です。持参されない人を代理人にすることはできません。
  2. 市役所から申請者本人の住所に照会書を郵送します。
  3. 郵送された照会書に申請者本人が必要事項を記入していただきます。
  4. 申請する(照会書を持参する)時にも代理人が来庁する場合、照会書の委任状の部分を申請者本人に記入していただき、代理人の国や県などの官公署が発行した顔写真付き身分証明書の再提示が必要です。
  5. 電子証明書の格納にはマイナンバーカードの暗証番号の入力が必要です。マイナンバーカードの暗証番号を代理人が承知していないと申請を行うことは出来ません。
  6. 新たに電子証明用の暗証番号の設定が必要ですが、電子証明書用暗証番号の入力は代理人が行うことは出来ません。本人が直接照会書に暗証番号を記入し、目隠しシールを貼付していただきます。
    ※目隠しされていなかったり、シールが剥がされた疑いのある場合は、受け付けすることができません。

費用

発行手数料200円
ただし、搭載するマイナンバーカードの有効期間内の発行については手数料は無料です。

注意事項等

受付場所と受付時間

市役所1階市民窓口課で受け付けています。申込受付は、市役所の閉庁日を除く午前8時30分から午後5時までですが、手続きには30分程度かかります。窓口が混雑している場合もありますので、時間に余裕をもってお出かけください。

電子証明で使用する文字の制限

コンピュータの文字登録の関係で、住民基本台帳に記録されている住所・氏名の文字が電子証明書で使えない場合があります。その場合は、使用できる文字の中から、近い文字を選んでいただくことになります。

パスワードの管理

電子証明書は、個人のプライバシーや財産にかかわる大切なものです。マイナンバーカードやパスワードの管理には十分ご注意ください。

システム環境

電子申告等に電子証明書を使用される場合は、ICカードリーダライタや利用する制度ごとに必要なプログラムをインストールしていただく必要があります。ICカードリーダライタはコンピュータ環境等により対応機種が異なりますので事前にご確認ください。

関連ページ

お問い合わせ

岩倉市役所市民部市民窓口課窓口グループ

電話: 0587-38-5807

ファックス: 0587-66-6100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ