ページの先頭です
メニューの終端です。

市県民税の給与特別徴収

[2016年9月1日]

ID:271

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

個人住民税特別徴収のご案内

個人住民税の特別徴収とは

個人の市民税・県民税を、事業所が毎月従業員に支払う給与から天引きし、従業員にかわり市町村に納めていただく制度です。

岩倉市は個人住民税の特別徴収を推進しています

岩倉市は、納税の公平性と法令の順守を図るため、地方税法の規定に該当する事業所にお勤めの従業員の方の市県民税は、正社員、パート等の雇用形態に関らず、特別徴収の方法による納付をお願いしています。事業主、市民のみなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

なお、詳細については「市民税・県民税の特別徴収について(事業主向け)」を、以下のような疑問をお持ちの方は「個人住民税の特別徴収に関するQ&A」(いずれも下記PDFファイル)をご覧ください。

Q1.個人住民税の特別徴収とはどんな制度ですか?
Q2.今までは従業員が自分で納めていた(普通徴収)のに、なぜ今になって特別徴収をしなければならないのですか?
Q3.他の市町村では普通徴収が認められているのに、どうして岩倉市だけ?
Q4.パートやアルバイトの従業員も特別徴収しなければいけませんか?
Q5.「特別徴収」をするにあたってコストをかけることができません。また、従業員の出入りが激しくて事務が煩雑になります。何とかならないですか?
Q6.従業員が少なく、事務をする余裕がないのですが…
Q7.「特別徴収」を拒否したらどうなるのですか?
Q8.「特別徴収」はどのような手続きをするのですか?
Q9.従業員が退職・転職をした場合は、どのような手続きをするのですか?また、新たに入社した従業員について、年度途中でも切り替えることができますか?

給与・公的年金以外の所得がある方の個人住民税納付方法について

給与・公的年金所得以外の所得がある方は、住民税額のうち、給与・公的年金所得に係る部分を特別徴収で、給与・公的年金以外の所得に係る部分の税額を自分で納付することができます。希望される方は申出書を提出していただく必要があります。
毎年、4月10日までに税務課課税グループへ提出をお願いします(既に確定申告書で希望を記入済の方は申出書の提出は不要です)。
申出書を提出された方は、4月25日から5月10日までの間にお電話にて納付方法の確認をお願いします。

個人住民税の特別徴収関係書類

異動届出書や納期特例申請書などの住民税の特別徴収関係書類はこちら

異動届出書

住民税の特別徴収(給料天引き)をしていただいている従業員が退職や休職などをされて、住民税の特別徴収ができなくなる場合に提出していただく書類です。

納期特例申請書

住民税の特別徴収(給与天引き)をしていただいている事業所で、給与の支払いを受ける人が常時10人未満の場合、納期特例申請書を提出していただくと、年12回の納期が年2回に変更されます。

特別徴収への切替申請書

新たに就職された人、住民税の特別徴収(給与天引き)を開始する人がみえる場合に提出していただく書類です。

特別徴収義務者所在地・名称変更届出書

住民税の特別徴収(給与天引き)をしていただいている事業所の所在地や名称が変更になった場合に提出していただく書類です。

お問い合わせ

岩倉市役所市民部税務課課税グループ

電話: 0587-38-5806

ファックス: 0587-38-1183

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ