ページの先頭です
メニューの終端です。

まちづくりについて

[2016年9月1日]

ID:1911

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

目指すべき市の姿

将来都市像

五条川の悠久の流れとともに、
先人たちが積み重ねてきた、有形・無形のまちの歴史や文化。
これらが、住んでいる人と人とを結び、つながりを広げながら、
住んでいることに誇りや愛着の持てるまち、
子どもも大人も、だれもが、
いつまでも住み続けたいと思えるまち、住んでみたくなるまちを
みんなで力を合わせながら育んでいくことを展望して、
~ 健康で明るい緑の文化都市 ~
を将来都市像とします。

1975年(昭和50年)以来、本誌の普遍的なあるべき姿を表す都市像であり、新しい時代に対応して今後とも、継承・発展させていくものです。

基本理念

人口減少時代、超高齢社会の到来を間近に控えている本市の新たな協働の理念、これからのあるべき市民自治や、市民のだれもがいつまでも安心して幸せに暮らせる地域社会の概念として
多様な緑で創る
「役立ち感」に満ちた市民社会をめざす

をまちづくりの基本理念とし、普遍的な将来像「健康で明るい緑の文化都市」の実現をめざします。

住民自治に基づく自治体運営の基本原則

岩倉市では、市民、議会および執行機関の役割や責務等を明らかにし、協働によるまちづくりを推進することによって、市民を主体とした自治の実現を図ることを目的に、平成25年4月1日に岩倉市自治基本条例を施行しました。その中で、住民自治に基づく自治体運営の基本原則を下記のとおり定めました。

  1. 自治の主体は市民であること
  2. 自治体は市民の信託に基づき成立すること

お問い合わせ

岩倉市役所総務部秘書企画課企画政策グループ

電話: 0587-38-5805

ファックス: 0587-38-2471

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ