ページの先頭です
メニューの終端です。

日常生活用具の給付

[2016年8月30日]

ID:1938

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日常生活用具の給付

在宅で日常生活を営むのに支障のある重度の障害者に対し、日常生活上の便宜を図るための用具を公費で給付します。

日常生活用具の種類は、障害の種類や程度によって異なり、次のようなものがあります。

日常生活用具の一覧

情報・意思疎通支援用具
種目  対象者
携帯用会話補助装置・肢体不自由または音声機能若しくは言語機能障害であって、発声・発語に著しい障害を有する身体障害者(児)。ただし、原則として学齢児以上の者
情報・通信支援用具・上肢機能障害2級または視覚障害2級以上の身体障害者(児)
点字ディスプレイ・視覚障害1級または視覚障害及び聴覚障害の重度重複障害を有する(原則として視覚障害2級かつ聴覚障害2級以上)身体障害者で、必要と認められる者
点字器・視覚障害2級以上の視覚障害者(児)。原則として学齢児以上の者
点字タイプライター・視覚障害2級以上の視覚障害者(児)で、就労若しくは就学している者または就労が見込まれる者
視覚障害者用ポータブルレコーダー・視覚障害者2級以上の視覚障害者(児)。ただし、原則として学齢児以上の者
視覚障害者用活字文書読上げ装置・視覚障害2級以上。ただし、原則として学齢児以上の者
視覚障害者用拡大読書器・視覚に障害を有する視覚障害者(児)で、本装置により文字等を読むことが可能になる者。ただし、原則として学齢児以上の者
盲人用時計・視覚障害2級以上の視覚障害者(児)。音声時計は、手指の触覚に障害がある等のため、触読式時計の使用が困難な者を原則とする。ただし、原則として学齢児以上の者
聴覚障害者用通信装置・聴覚障害または発声・発語に著しい障害を有するために、コミュニケーション、緊急連絡等の手段として必要と認められる聴覚障害者(児)等とする。ただし、原則として学齢児以上の者
聴覚障害者用情報受信装置・聴覚障害者(児)で、本装置によりテレビの視聴が可能になる者
人工喉頭・喉頭摘出者
福祉電話(貸与)・聴覚または音声機能若しくは言語機能に障害を有する聴覚障害者等または外出困難な身体障害者(原則として2級以上)で、コミュニケーション、緊急連絡等の手段として必要性があると認められる者またはファックス被貸与者。ただし、聴覚障害者等または身体障害者のみの世帯及びこれに準ずる世帯
ファックス(貸与)・聴覚または音声機能若しくは言語機能障害3級以上の聴覚障害者等で、コミュニケーション、緊急連絡等の手段として必要性があると認められる者。ただし、電話(福祉電話を含む。)によるコミュニケーション等が困難な聴覚障害者等のみの世帯及びこれに準ずる世帯
視覚障害者用ワードプロセッサー(共同利用)・視覚障害者(児)で、就労若しくは就学している者または就労が見込まれる者
点字図書・情報の入手が点字による視覚障害者
介護・訓練支援用具
種目 対象者
特殊寝台

・下肢または体幹機能障害2級以上の身体障害者(児)

・難病患者等で、寝たきりの状態にある者
特殊マット

・下肢または体幹機能障害1級で、常時介護を必要とする身体障害者(身体障害児の場合は2級を含む。)及び重度または最重度の知的障害者(児)。ただし、原則として3歳以上の者

・難病患者等で、寝たきりの状態にある者
特殊尿器

・下肢または体幹機能障害1級で、常時介護を要する身体障害者(児)。ただし、原則として学齢児以上の者

・難病患者等で、自力で排尿できない者
入浴担架・下肢または体幹機能障害2級以上の身体障害者(児)で、入浴に当たり家族等他人の介助を要する者に限る。ただし、原則として3歳以上の者
体位変換器

・下肢または体幹機能障害2級以上の身体障害者(児)で、下着交換等に当たり家族等他人の介助を要する者。ただし、原則として学齢児以上の者

・難病患者等で、寝たきりの状態にある者
移動用リフト

・下肢または体幹機能障害2級以上の身体障害者(児)。ただし、原則として3歳以上のもの

・難病患者等で、下肢または体幹機能に障害のある者
訓練いす・下肢または体幹機能障害2級以上の身体障害児で、原則3歳以上の者
訓練用ベッド

・下肢または体幹機能障害2級以上の身体障害児で、原則学齢児以上の者

・難病患者等で、下肢または体幹機能に障害のある者

自立生活支援用具
種目  対象者
入浴補助用具

 ・下肢または体幹機能に障害を有する身体障害者(児)で、入浴に介助を必要とする者。ただし、原則として3歳以上の者

・難病患者等で、入浴に介助を要する者

便器

・下肢または体幹機能障害2級以上の身体障害者(児)。ただし、原則として学齢児以上の者

・難病患者等で、常時介護を要する者

T字状・棒状のつえ・平衡機能または下肢若しくは体幹機能障害3級以上の身体障害者(児)。ただし、原則として学齢児以上の者
移動・移乗支援用具 

・平衡機能または下肢若しくは体幹機能に障害を有する身体障害者(児)で、家庭内の移動等において介助を必要とする者

・難病患者等で、下肢が不自由な者

頭部保護帽

・平衡機能または下肢若しくは体幹機能に障害を有し、歩行や立位が不安定で頻繁に転倒する恐れのある身体障害者(児)。

・重度または最重度の知的障害者(児)若しくは精神障害者で、てんかんの発作等により頻繁に転倒する者

特殊便器

 ・上肢障害2級以上の身体障害者(児)または重度若しくは最重度の知的障害者(児)で、訓練を行っても自力での排便後の処理が困難な者。ただし、原則として学齢児以上の者

・難病患者等で、上肢機能に障害のある者

火災警報器・障害等級2級以上の身体障害者(児)または重度若しくは最重度の知的障害者(児)で、それぞれ火災発生の感知及び避難が著しく困難な者。ただし、火災発生の感知及び避難が著しく困難な者のみの世帯またはこれに準ずる世帯
自動消火器・障害等級2級以上の身体障害者(児)、重度若しくは最重度の知的障害者(児)または難病患者等で、それぞれ火災発生の感知及び避難が著しく困難な者。ただし、火災発生の感知及び避難が著しく困難な者のみの世帯またはこれに準ずる世帯
電磁調理器・視覚障害2級以上の視覚障害者で、盲人のみの世帯及びこれに準ずる世帯または重度若しくは最重度の知的障害者で知的障害者のみの世帯及びこれに準ずる世帯
歩行時間延長信号機用小型送信機・視覚障害2級以上の身体障害者(児)。ただし、原則として学齢児以上の者
聴覚障害者用屋内信号装置・聴覚障害2級以上の聴覚障害者(児)で、聴覚障害者(児)のみの世帯及びこれに準ずる世帯
在宅療養等支援用具
種目 対象者 
透析液加温器・腎臓機能障害3級以上の身体障害者(児)。ただし、原則として3歳以上の者

ネブライザー(吸入器)

電気式たん吸引器

・呼吸器機能障害3級以上または同程度の身体障害者(児)で、必要と認められる者

・難病患者等で、呼吸器機能に障害のある者

動脈血中酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)

・呼吸器機能障害3級以上または同程度の身体障害者(児)で、必要と認められる者

・難病患者等で、人工呼吸器の装着が必要な者

酸素ボンベ運搬車・医療保険における在宅酸素療法を行う身体障害者(児)

盲人用体温計 (音声式)

盲人用体重計

・視覚障害2級以上の視覚障害者(児)で、盲人のみの世帯及びこれに準ずる世帯。ただし、原則として学齢児以上の者
排泄管理支援用具
種目  対象者
ストマ装具・人工肛門または人工膀胱造設者
紙おむつ等・ストマの著しい変形等によりストマ装具の使用が困難な者または3歳以上の者で、高度の排便若しくは排尿機能障害の者または脳原性運動機能障害かつ意思表示困難者
収尿器・高度の排尿機能障害

利用者負担額

原則として「基準額」の1割が自己負担となります。

  • 購入金額が基準額以内の場合
    利用者負担額=購入費用の1割の額(注)
  • 購入金額が基準額を超える場合
    利用者負担額=基準額の1割の額(注)+基準額を超えた分の額

ただし、世帯の所得に応じて一定の負担上限月額が設けられており、ひと月の負担額(上記(注)の金額)が次の額を超える場合はそれ以上の負担はありません。(障害者本人が18歳以上の場合は、本人と配偶者の課税状況のみで判断します。)

  • 生活保護世帯 0円
  • 市民税非課税世帯 0円
  • 市民税課税世帯 37,200円

申請方法・場所

申請書と用具の見積書を福祉課障がい福祉グループ(市役所1階)までご提出ください。

注:他に書類を求める場合があります。

日常生活用具申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

岩倉市役所健康福祉部福祉課障がい福祉グループ

電話: 0587-38-5809

ファックス: 0587-66-8715

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ