ページの先頭です
メニューの終端です。

医療機関等にかかるとき

[2016年9月1日]

ID:2049

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

医療機関等にかかるとき

医療機関等にかかるときは、窓口で保険証を提示してください。かかった医療費の一部を自己負担していただきます。
窓口での医療費の自己負担が自己負担限度額を超えたときは、申請により高額療養費として差額を支給します。
支給の手続きが必要な人には別途お知らせします。

自己負担限度額(月額)は以下のとおりです。

自己負担限度額表(平成29年8月から平成30年7月まで)

負担区分 (窓口負担)

個人の限度額(外来のみ) 

 世帯の限度額(外来+入院)

 現役並み所得のある人(3割) 44,400円

※ 80,100円+

(医療費-267,000円)×1%

 一般(1割) 12,000円 44,400円
 区分2(1割) 8,000円 24,600円
 区分1(1割) 8,000円 15,000円
※直近の12か月以内に世帯の限度額を超え、高額療養費の支給が3回以上ある場合には、4回目以降から世帯の限度額が44,400円となります。

現役並み所得のある人

同一世帯に市民税の課税所得が145万円以上ある被保険者がいる世帯の人


※ただし現役並み所得のある人でも、次の場合は申請により1割になります。

該当者
 世帯構成

収入要件

 被保険者が1人の世帯 被保険者の収入額が383万円未満のとき
 被保険者が1人で、その被保険者の収入額が383万円以上であって、かつ同じ世帯に後期高齢者医療制度以外の医療保険に加入している70歳から74歳の人がいる世帯 被保険者と70歳から74歳の人の収入額の合計が520万円未満のとき
 被保険者が2人以上いる世帯
 被保険者の収入額の合計が520万円未満のとき

一般の人

現役並み所得のある人および区分2、区分1に該当しない人


区分2の人

市民税非課税世帯で、区分1に該当しない人


区分1の人

世帯全員が市民税非課税かつ所得が0円の人(公的年金は控除額を80万円で計算)


食事療養標準負担額(入院時の自己負担食事代)

食事療養標準負担額(入院時の自己負担食事代)
負担区分 食事代(1食につき) 
 一般および現役並み所得のある人 360円※1
 指定難病患者の人(区分1・2に該当しない人) 260円
 区分2(入院90日まで) 210円
 区分2(入院91日以上※2) 160円
 区分1 100円

※1 平成27年4月1日以降、継続して精神病床に入院している人は、退院するまでは1食につき260円

※2 直近の12か月間で、区分2の判定を受けている期間の入院日数(愛知県後期高齢者医療加入前の入院も含む)

お問い合わせ

岩倉市役所市民部市民窓口課保険医療グループ

電話: 0587-38-5833

ファックス: 0587-66-6100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ