ページの先頭です
メニューの終端です。

地域交流センター くすのきの家

[2016年9月30日]

ID:2061

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

くすのきの家 概要

くすのきの家は、地域住民の皆さんが行う自主的な活動に広く利用していただいたり、児童、高齢者のレクリエーションの場や、市民の皆さんの文化活動(音楽・工芸など)の場として使っていただくための施設です。
くすのきの家外観の写真

くすのきの家の写真

開館時間

午前9時から午後9時30分までです。

休館日

毎週火曜日(火曜日が国民の祝日にあたる場合は、その翌日)および12月29日から1月3日までです。

所在地

郵便番号 482-0042
岩倉市中本町西出口15番地1
電話 0587-38-1106
ファクス 0587-38-1106

くすのきの家の場所を施設マップで見る

主な活動・利用内容

午前中は、主にお年寄りのレクリエーションや幼児とお母さんたちの交流、文化活動など、午後は、下校後の子どもたちの遊び場となり、夜間は、地域の集会や研修、文化活動などにご利用いただけます。

利用方法

  1. 個人で利用される場合
    受付で利用者名簿に名前を記入し、館内でルールに従ってくつろいでください。
  2. グループや団体で利用される場合
    グループなどで目的をもって一定時間部屋などを利用される場合は「利用許可申請書」を提出し利用許可を受けてから利用していただくことができます。

利用申し込み

利用日の1か月前の初日から利用日の3日前までの間に申し込むことができます。(電話での申し込みはできません)

受付時間

午前9時から午後5時までです。使用される施設で受け付けます。

利用時間

許可された時間には、準備、片付け等に必要な時間を含みす。

使用料

使用料は許可と同時に納付してください。既納の料金は、特別の場合を除きお返しできません。

利用期限

次のいずれかに該当するときは利用の取り消し、または利用を中止していただきます。
ア 公の秩序または良好な風俗をみだす恐れがあると認めるとき。
イ 施設等を汚損、き損、滅失のおそれがあると認めるとき。
ウ 施設の良好な環境維持に支障があるとき。
エ 条例、規則または許可の条件に違反したとき。
オ 申請に虚偽の記載があったとき。

原状回復

利用を終了したときは備品等を原状にもどし、清掃をして管理者に点検を受けてください。

利用できない日および時間

平日の午後および学校が休みの日(土曜日・日曜日、祝日、春休み、夏休み、冬休み)はグループや団体での利用はできません。ただし、夜間は学校が休みの日でも利用できます。

くすのきの家展示室(くすのきの家 2階)

展示室はくすのきの家の2階にあり、市内の遺跡からの出土品、山車関連資料が展示されています。

主な展示品

市指定文化財で、西出古墳から出土した古墳時代の朝顔型埴輪、円筒埴輪、稲荷町御土井廃寺址から出土した須恵器、そして県指定大地遺跡から出土した弥生時代の壷や岩倉城跡発掘調査したときの写真などを展示。また、市内三町(大上市場、中本町、下本町)が保存する市指定文化財の山車に関する道具や実際に体験できるからくり人形も展示しています。

開館時間と休館日

午前9時から午後9時30分まで(火曜日のみ午前8時30分から午後6時までです)。
休館日は、12月29日から1月3日

問合わせ先

生涯学習課生涯学習グループ
電話 0587-38-5819

くすのきの家 利用料金

くすのきの家 利用料金一覧
利用区分午前午後夜間全日
利用時間午前9時から
正午まで
午後1時から
5時まで
午後5時30分から
午後9時30分まで
午前9時から
午後9時30分まで
ふれあい・交流ホール1,200円1,700円1,700円4,600円
図書室・物語部屋500円600円600円1,700円
集いの間500円700円700円1,900円
調理室300円500円500円1,300円
工芸体験室400円500円500円1,400円
会議室400円500円500円1,400円

問合わせ先

くすのきの家
 電話 0587-38-1106

お問い合わせ

岩倉市役所教育こども未来部子育て支援課児童グループ

電話: 0587-38-5810

ファックス: 0587-66-6380

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ