ページの先頭です
メニューの終端です。

ねこを飼うときの心がけ

[2016年12月1日]

ID:2205

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

できるだけ室内で飼うようにしましょう

ねこは室内飼いをすることで、伝染病にかかりにくくなり、他人の家に入り込んだり、ごみ集積場を荒らすなどのトラブルを避けることができます。現在、ねこを外に出している方もエサは室内でやり、トイレやつめとぎを必ず設置するようにしましょう。

ぜひ避妊・去勢手術をするようにしましょう

ねこは一年に2回から3回発情期があり、一度に4匹から5匹出産します。年2回出産するものとすると、半年後同じねこが4匹から5匹出産してしまいます。最初に産まれた子ねこたちの中にメスが3匹いたとすると、同じころそれぞれが4匹から5匹、合計12匹から15匹産むことになります。中には育たないねこもいるかもしれません。しかし、このまま順調に繁殖し続けると3年間に3,000匹以上になってしまいます。また、人と比較すると、ねこは成長が早く、産まれてから6カ月で妊娠可能といわれています(下の表を参考にしてください)。気付いたときにはメスねこのお腹が大きくなっていたということもあります。ぜひ、早めに避妊・去勢手術を行い、不幸な命を増やさないよう心がけてください。

ねこと人の年齢換算表
ねこの年齢人の年齢
1週から2週頃3カ月
3週から4週頃6カ月
2カ月3歳
4カ月6歳
6カ月14歳
1歳18歳
2歳22歳
3歳26歳
4歳30歳
5歳36歳
6歳40歳
7歳44歳
8歳48歳
9歳52歳
10歳56歳
11歳60歳
12歳64歳
13歳68歳
14歳72歳
15歳76歳
16歳82歳
17歳86歳
18歳90歳
19歳94歳
20歳98歳
21歳以上100歳以上

【注意事項】
換算年齢はあくまでも目安です。ねこの種類、大きさ等によって個体差があります。

ねこを捨てないで

動物を捨てると、「動物の愛護および管理に関する法律」により厳しく罰せられます。避妊・去勢手術をしないとねこは確実に増えていきます。しかし、新しい飼い主を見つけることは簡単ではありません。野良ねこたちはこうした事情で飼い主に見捨てられたねこがほとんどです。今以上に不幸なねこたちを増やさないように、ぜひ手術を行い、家族の一員として一生涯大切に飼育してくださいますようお願いします。

お問い合わせ

岩倉市役所市民部環境保全課環境グループ

電話: 0587-38-5808

ファックス: 0587-66-6100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ