ページの先頭です
メニューの終端です。

岩倉市ホームページについて

[2016年10月13日]

基本方針

岩倉市では、公式ホームページで提供する情報やサービスを、誰もが支障なく快適に利用いただけるように可能な範囲で配慮し、以下の方針で制作、運用しています。

規格等の尊重

岩倉市の公式ホームページは、障害者・高齢者のホームページの利用に配慮する指針である日本工業規格「JIS X 8341-3」を尊重し、規格の示す要件に従い可能な範囲での対応を行います。
また、総務省「みんなの公共サイト運用モデル」に基づいた管理を行うことで、ウェブアクセシビリティの維持・向上を目指しています。

配慮の対象

岩倉市では、障害者・高齢者のホームページの利用に配慮するための日本工業規格「JIS X 8341-3」、総務省「みんなの公共サイト運用モデル」に基づき、制作する際のルールと運用手順を定めています。

読めない、使えない、使いにくいと感じた場合は

岩倉市公式ホームページを利用していて、もしも情報が得られなかったり、操作ができなかったりした場合はお知らせください。

岩倉市ホームページへのリンク

岩倉市ホームページへのリンクは自由です。
ただし、リンク元のホームページが不適切な表現を含んでいたり法令などに反する場合は、リンクをお断りする場合があります。
リンク設定箇所には必ず岩倉市ホームページへリンクすることを記入し、閲覧者が混乱することのないようにしてください。
また、岩倉市からのリンクについては、広告バナーを除き、原則的に公共的機関や関連団体に限ります。
なお、事前に周知することなくページの構成やアドレスを変更する場合がありますので、リンクはトップページ(http://www.city.iwakura.aichi.jp/)に設定することをお勧めします。
岩倉市はリンクにより発生したいかなる損害についても一切の責任を負いません。

用語の説明

ウェブアクセシビリティ:ホームページ等を利用しているすべての人が、心身の条件や利用する環境に関係なく、ホームページ等で提供されている情報や機能に支障なくアクセスし、利用できること。
日本工業規格JIS X 8341-3:平成16年6月20日に制定されたウェブアクセシビリティに関する日本工業規格(JIS)。正式名称は、JIS X 8341-3:2004『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェアおよびサービス-第三部:ウェブコンテンツ』。

翻訳サービス

このサイトは、外国の人にも岩倉市を知っていただくため、サイト全体の翻訳サービスを導入しています。 翻訳サービスはGoogle社のGoogle翻訳サービスを利用して外国語に翻訳しています。自動翻訳システムによって機械的に翻訳されるため、必ずしも正確な翻訳になっているとは限りません。誤訳などが生じる可能性がありますので、十分ご理解の上ご利用ください。

アクセシビリティガイドライン

ウェブページは、音声読み上げソフトの登場により、目で見る以外に方法がない印刷物をはるかにしのぐ情報伝達媒体となっており、身体的な制約による情報格差を少なからず解消しました。そこで、ウェブページ作成者側には、閲覧者のさまざまな環境下での利用を想定し、アクセシビリティに配慮したウェブページ作成が求められています。
岩倉市は、市職員がウェブページを作成する際、後述する内容を遵守することで一定レベルのアクセシビリティを確保するよう心がけます。

1.規格・仕様

HTML等作成に使用する技術のルールどおりに作成されていないと、ブラウザの表示がおかしくなったり、音声読み上げソフト等がうまく動作しなかったりする可能性があります。
[対応]

  1. 使用するHTML等のバージョンを明確に宣言し、その仕様・文法に従ってページを作成する。
  2. 使用する文字コードを決定しHTMLで宣言する。
  3. 機種依存文字は使用しない。
  4. 半角カタカナは使用しない。

2.画像・リンク画像

情報の内容によっては、画像を使用する方がより分かりやすい場合があります。このような場合は積極的に画像を使用しますが、音声読み上げソフトを使っている閲覧者は、画像が何を示しているのか認識できませんので、alt属性(代替テキスト)を設置するなど、画像の示す内容が過不足なく伝えられるよう配慮します。意味のない画像は使用しないようにします。
[対応]

  1. alt=”写真”やalt=”グラフ”では、何の写真なのか、どんな意味を持つグラフなのか分からないので、代替テキストはその画像の内容が何を意味するのかを簡潔に設定する。
  2. 代替テキストが長くなりすぎる場合は、そのウェブページ内の画像からあまり離れていないところに説明テキストを用意する。または、longdesc属性を使用するのも有効。
  3. 飾りとしての画像で意味を持たないものは使用しないのが好ましいが、使用する場合はalt=” ”とする。
  4. リンク画像にはリンク先の内容が予測できる代替テキストを設定すること。

3.キーボード操作

手の動作や視覚に制約がある人は、マウスを操作する代わりにキーボードで操作をしています。よって、提供する全ての情報・機能・サービスをキーボード操作で利用できるように配慮する必要があります。

4.配置

table要素により配置を整える場合は、音声読み上げソフト等が読み上げる順序への配慮が必要です。適切な配置をしないと、意図した順序と異なる読み上げがなされて分かりにくくなったり、主要な部分に到達するまでに時間がかかってしまったりします。
[対応]
  1. スタイルシートを使用して配置を整える。
  2. table要素を使用しないで、箇条書きなどで表現できないか検討する。
など

5.ページタイトル

ページタイトルは必須です。音声読み上げソフトを使用する場合、このタイトルを頼りに現在自分がどこにいるのかを把握します。したがって、タイトルはそのページの内容を的確に示す必要があり、例えば「税情報-1」や「税情報NO.2」ではなく「税情報(計算方法)」や「税情報(支払い方法)」とする必要があります

6.リンク

リンクの貼られている部分の文章(リンクテキスト)やリンク画像のALT属性は、リンク先が明確にわかるように記述します。例えばページタイトルを記述するようにします(ページタイトルが長い場合は要約します)。これは、音声読み上げソフトのリンク設定部分だけを抽出する機能に対応するためで、「ここから」や「こちら」などが複数あるページではどのリンクを選択するべきなのか判断しづらくなるからです。
[対応]

  1. リンクテキストの色は、リンク色、既読リンク色、選択リンク色が区別できるようにする。

7.文字の色、サイズ

閲覧者にとっての文字の見やすさは、好み、視力、使用するOS、ブラウザ、ディスプレイの解像度によって多種多様な状況が想定できます。従って、文字のサイズは閲覧者が自由に変更できるように設定します。また、背景色は文字とのコントラストを考慮し、見やすさについての配慮を忘れないようにします。 また、色の区別がつきにくい人を考慮し、「赤文字は休館日」、「黄色の塗りつぶしは定員に満たない講座」など、色のみで一定の情報を表現しないようにします。

8.単語内の空白、改行

ページの表示を整えるために、単語内に空白(スペース)を入れたり、文章を途中で改行したりしてしまいがちですが、例えば「人  口」と記述すると「ひと」「くち」と一文字ずつ読み上げられ、意図したものと異なってしまいます。改行についても同様で、熟語の途中で改行すると、熟語として読み上げられず意味が通じなくなります。
[対応]

  1. 単語や熟語の間にはスペースや改行を入力しない。

9.PDFファイル

PDFファイルを使用する場合は、アクセシビリティに配慮した形式(PDFバージョン1.4以降)で作成し、必要があれば内容を説明するテキスト等を提供します。

10.スタイルシート

配置や配色、文字サイズ等の文書の見映え(表示方法)をスタイルシートで表現するとさまざまな利用者が自分の利用しやすいように表示等を切り替えることが容易になります。しかし、過去にはHTMLにおいて表示方法を記述していた経緯があり、それをW3C(World Wide Web Consortium)勧告によりスタイルシートが標準とされたことを考慮し、常に新しい仕様や技術について注目しておくことが大切です。

11.フレーム

フレームを使用したページは、適切な配慮がなされないとブラウザによって表示できず、利用しにくいものになってしまいます。したがって、基本的にはフレームは使用しないようにします。ただし、フレームの使用が必要不可欠な場合は適切な配慮が必要です。

12.別ウィンドウでの表示、自動更新

リンク先を別ウィンドウで表示すると、なぜ突然戻るボタンが使えなくなったのか分からず混乱したり、複数のページが表示されていることで、内容を混同してしまう可能性があります。したがって、基本的には別ウィンドウでの表示や自動更新は使用しないようにします。ただし、別ウィンドウで表示することで閲覧者の利便性を非常に高めることができる場合は、リンク操作をする前に別ウィンドウで表示することを知らせるようにします。

13.文字や画像の点滅、スクロール

閲覧者の注意を促すなどのために点滅やスクロール(文字や画像が流れる表示)という手段を使用するケースがありますが、閲覧者によってはその動きに対応できず内容を理解できない可能性があります。また、早い周期での点滅(部分的な小さなものであっても、拡大表示している閲覧者がいるため同様)はてんかん発作を引き起こすなどの危険性があると言われていますので、原則的には使用しません。ただし、点滅などが不可欠な場合は、危険性(点滅周期や色など)をできるだけ排除します。

14.外国語、専門用語

ウェブページ作成者が普段何気なく使っている言葉でも、一般的にはあまり知られていなかったり、使い方が一般的なものとは異なったりする場合があり、閲覧者が理解できない可能性があります。文章や言葉遣いは、明瞭かつ簡潔で理解しやすく書くよう心がけます。
[対応]

  1. 一般的ではない外国語、省略語、専門用語を使用しない。
  2. 役所言葉や外字は使用しない。
など

15.その他

ウェブページ作成者は、閲覧者がさまざまな環境下で利用していることを理解し、不具合が起こらないように可能な限り配慮してウェブページを作成します。
[対応]

  1. 1ページの容量はなるべく小さくなるようにする。特に写真などの画像については可能な範囲で小さくするよう心がける。
  2. 音声や動画は自動的に再生されないようにする。
など

プライバシーポリシー

岩倉市ホームページにおける個人情報の取扱方針を下記のとおり定めます。

(基本方針)

1.岩倉市ホームページ(http://www.city.iwakura.aichi.jp/以下「当市サイト」という。)は利用する人の個人情報の保護について認識し、その取扱いについては「岩倉市個人情報保護条例」に基づき適正に取り扱います。

(個人情報とは)

2.個人情報とは「岩倉市個人情報保護条例第2条第2号」に定められた情報のことで、氏名、生年月日、電子メールアドレスなどにより特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。

(個人情報の収集および利用について)

3.当市サイトを閲覧する場合、ご自身の個人情報を開示することなく自由に閲覧できますが、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの入力をお願いする場合があります。この場合は、原則としてその利用目的を明示し利用目的の範囲内で適正に利用または提供し、「岩倉市個人情報保護条例」に規定する場合を除き、収集の目的以外の利用および外部への提供は行いません。

(収集した個人情報の管理について)

4.当市サイトで収集した個人情報はセキュリティポリシーに基づき、漏洩、改ざん等のないよう適正な管理に努め、不要な個人情報については速やかに消去します。

ページの先頭へ