ページの先頭です
メニューの終端です。

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金を支給します

[2022年1月14日]

ID:4270

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金

国のコロナ克服・新時代開拓のための経済対策により、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、その影響がさまざまな人々に及ぶ中、子育て世帯を支援する取組の一つとして、臨時・特別の一時金を支給しています。

※申請が必要な人への通知は、対象となる高校生世代の児童の保護者や公務員、令和3年10月1日以降に生まれた新生児の保護者(令和3年12月28日(火曜日)までに児童手当の申請を済ませた人のいる世帯の世帯主に令和4年1月13日付けで送付しました。

※岩倉市では、これまで国の制度に基づき、児童手当の特例給付対象相当となる所得制限限度額以上の人への給付金の支給を行わないとしてきましたが、この給付金の支給対象外となる人(児童手当の特例給付受給者等)に対して、児童1人当たり10万円の市独自の給付を行うこととしました。市独自の給付については、こちらから確認してください。

支給対象児童

(1)令和3年9月分の児童手当(一定所得以上の人が対象の特例給付を除きます。)の支給対象となる児童

(2)令和3年9月30日時点で高校生世代(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれ)の児童(保護者の所得が児童手当の所得制限限度額内である人) ※高校生世代で結婚をしている人は対象外となります。

(3)令和4年3月31日までに生まれた児童手当(特例給付を除きます。)の支給対象児童(新生児)

支給対象者

上記に記載のある児童の保護者のうち、児童手当(特例給付を除きます。)の受給者もしくは、生計を維持する程度の高い人

※令和3年度の所得が次の表の所得制限限度額以上の人は支給対象者になりません。

所得制限限度額
 扶養親族等の数 所得制限限度額
 (単位:万円)
収入額の目安
 (単位:万円) 
 0人
 (前年末に児童が生まれていない場合 等)
 622 833.3
 1人
 (児童1人の場合 等)
 660 875.6
 2人
 (児童1人 + 年収103万円以下の配偶者の場合 等)
 698 917.8
 3人
 (児童2人 + 年収103万円以下の配偶者の場合 等)
 736 960
 4人
 (児童3人 + 年収103万円以下の配偶者の場合 等)
 774 1,002
 5人
 (児童4人 + 年収103万円以下の配偶者の場合 等)
 812 1,040

※扶養親族等の数は、所得税法上の同一生計配偶者及び扶養親族(里親などに委託されている児童や施設に入所している児童を除きます。以下、「扶養親族等」といいます。) 並びに扶養親族等でない児童で前年の12月31日において生計を維持したものの数をいいます。 扶養親族等の数に応じて、限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限ります。)または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額となります。

※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算しています。あくまで目安であり、実際は給与所得控除や医療費控除、雑損控除等を控除した後の所得額で所得制限を確認します。

支給金額

対象児童1人につき、100,000円

※来年春に向けての5万円相当の給付も含めて一括で支給します。


手続きと支給先・支給時期について

手続きと支給について
  対象者 手続き支給先 支給時期備考

1

令和3年9月分の児童手当の受給者(公務員以外) 

 申請
不要
 児童手当の振込口座令和3年12月27日
(月曜日)
支給対象児童(1)の兄姉にあたる(2)の児童を含む
 2所属庁から児童手当を受給している公務員 申請が必要 申請時に指定した口座申請後、約1か月後(支給日が決まり次第、通知書を送付します) ―
 3高校生世代の養育者で中学生以下の
子どもがいない人
 申請が必要 申請時に指定した口座申請後、約1か月後(支給日が決まり次第、通知書を送付します) ―
4令和3年9月1日から令和3年9月30日までに出生した新生児の児童手当受給者となる人(公務員以外) 申請
不要
児童手当の振込口座令和3年12月27日
(月曜日)
 ―
 5令和3年10月1日から令和4年3月31日までに出生した新生児の児童手当受給者となる人 申請が必要 児童手当の振込口座(公務員は申請時に指定した口座)申請後、約1か月後(支給日が決まり次第、通知書を送付します) ―

上の表の2、3、5(5のうち、令和3年12月28日(火曜日)までに児童手当の申請を済ませた人に限る。)の人には、令和4年1月13日付けで通知文を送付しました(令和4年1月以降に出生届を提出された人には、窓口等でご案内します)。

上の表に該当する人で、令和4年1月末までに、市役所からお知らせが届かない人は、お問合せください。

申請が必要な人の申請方法等について

通知文の送付について

申請が必要な人への通知は、対象となる高校生世代の児童の保護者や公務員、令和3年10月1日以降に生まれた新生児の保護者(令和3年12月28日(火曜日)までに児童手当の申請を済ませた人)のいる世帯の世帯主に令和4年1月13日付けで送付しました。この給付金の申請者は児童の保護者になりますので、ご注意ください。

※単身赴任等により岩倉市に単身で在住されている人等、児童が岩倉市に住んでいない場合は案内が届きませんので、子育て支援課までご連絡ください。

申請方法

通知文とともに送付する申請書に必要事項を記入し、申請に必要な添付書類と併せて同封の返信用封筒で、岩倉市子育て支援課へ提出してください。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、郵送での提出をお願いします。

必要書類

・令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金申請書(請求書)(高校生等用)
 または、令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金申請書(請求書)(新生児用)

・申請者(請求者)本人確認書類の写し(コピー)
 運転免許証、マイナンバーカード(表面)、パスポート等の写し

・振込先金融機関口座確認書類
 口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードの写し

以下の書類は必要な人のみ提出してください。

・【公務員で児童手当を受給している人】
 児童手当を受給していることがわかる書類(給与明細書・支払通知書・継続認定通知書、児童手当振込通帳の写し等) 

・【申請者と児童が別居(岩倉市以外)の場合】
 給付金対象児童の住民票(本籍・筆頭者、世帯主・続柄の記載があるもの)

申請期限

令和4年3月31日(木曜日) 
※ただし令和4年3月生まれの児童についての申請は、令和4年4月15日(金曜日)まで。
※期限を過ぎてから提出いただいた申請については、支給の対象外となります。

申請不要の人への通知の送付について

申請不要の人は、通知文の内容を確認していただき、支給の辞退をする場合や口座を解約してしまっている場合などは、下記の手続きを行ってください。

支給辞退について

申請不要の人で支給を辞退される人は、「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金受給拒否の届出書」(下の添付ファイルからダウンロードしてください)を記入していただき、本人確認書類を添付して提出してください。 
※給付金を辞退される場合は、10万円全額を辞退することとなります。

・提出方法 

 (1)郵送で提出 ※郵送料は自己負担となります。 (2)市役所6階 子育て支援課窓口に直接提出

・提出先

 岩倉市教育こども未来部子育て支援課 児童グループ 〒482-8686 愛知県岩倉市栄町一丁目66番地

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金受給拒否の届出書

児童手当等振込口座を解約または名義変更した場合

申請が不要の人で、児童手当等が振り込まれる口座を既に解約してしまい、登録の口座で受取ができない人は、児童手当の振込口座変更の届け出をする必要がありますので、「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金支給口座登録等の届出書」(下の添付ファイルからダウンロードしてください)を子育て支援課へ提出してください。※提出方法は上記の支給辞退についてと同じです。

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金支給口座登録等の届出書

その他注意事項

・配偶者からの暴力等により児童とともに避難されている人で、令和3年9月分の児童手当の支給を配偶者が受けている場合についても、支給を受けることができる場合がありますので、子育て支援課までご相談ください。

・支給にあたってご自宅や職場などに子育て支援課から問い合わせを行うことがありますが、その際にATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。

・子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受けた後に支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受けた場合は、支給した子育て世帯への臨時特別給付金の返還を求めます。

給付金に関するコールセンター

内閣府コールセンター

0120-526-145 (午前9時から午後8時まで、土日祝を含む。12月29日から1月3日までは休み)

子育て世帯生活支援特別給付金について

今回支給する給付金とは別に、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、子育て世帯の生活を支援するため、「令和3年度住民税(均等割)が非課税の人、または、新型コロナウイルス感染症の影響により、令和3年1月1日以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった人」を対象に、子育て世帯生活支援特別給付金の申請を令和3年7月1日から受け付けております。(支給は1回限りです。すでに受け取っている人は申請できません。) 
申請期間は、令和4年3月15日(火曜日)までです。詳しくは、こちらのページをご確認ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ