ページの先頭です
メニューの終端です。

お家でできる介護予防を紹介します

[2020年5月14日]

ID:4407

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

外出自粛要請に伴う高齢者のフレイル化を予防し、自粛要請期間および当期間後においても末永く心身の健康を保持・増進するたに実践できる運動を紹介します。

感染拡大防止のための留意事項

1.標準的な予防策を徹底しましょう

  • 3密(密閉、密集、密接)を避けましょう。
  • 以下の3つも常に心掛けて実践しましょう。

     呼吸器衛生(うがい)

     咳エチケット(マスク)

     手指衛生(手洗い・アルコール消毒)

2.こまめに換気をおこないましょう

  • 換気の頻度は部屋の広さや人数ににより異なります。
  • ひとり暮らしの人であれば、自宅(自室)の換気を過度におこなう必要はありません。

3.接触と飛沫の防止を徹底しましょう。

  • 人と人との間隔は2メートル以上離しましょう。

簡単体力チェック

簡単体力チェックの例

筋力トレーニング(筋力、筋持久力)

筋力トレーニングの例

バランス運動(平衡性:バランス)

バランス運動の例

ストレッチング(柔軟性)

ストレッチの例
作成:筑波大学体育系健康増進学研究室

お問い合わせ

岩倉市役所健康福祉部長寿介護課長寿福祉グループ

電話: 0587-38-5811

ファクス: 0587-66-8715

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ