ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症の影響により介護保険料の納付が困難になった人の減免について

[2021年4月1日]

ID:4475

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症の影響により介護保険料の納付が困難になった人の減免について

 新型コロナウイルス感染症による影響で、介護保険料の納付が困難になった第一号被保険者(65歳以上の人)に、保険料の減免制度があります。

 状況によって必要書類が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

1.死亡・重篤な傷病による場合

対象者

 新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負った人。

減免額

 対象保険料額の全額を減免します。

2.主たる生計維持者の収入の減少が一定程度見込まれる場合

対象者

 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下、「事業収入等」といいます。)の減少が見込まれ、次の2点に該当する人。

1.事業収入等のいずれかの減少額が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。

2.減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

減免額

・前年の合計所得金額が210万円以下の場合:対象保険料額の全額を減免します。

・前年の合計所得金額が210万円を超える場合:対象保険料額の10分の8を減免します。

お問い合わせ

岩倉市役所健康福祉部長寿介護課介護保険グループ

電話: 0587-38-5811

ファクス: 0587-66-8715

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ