ページの先頭です
メニューの終端です。

【大人、12歳以上】新型コロナワクチンの初回接種(1・2回目)について (スケジュール、予約方法等)

[2022年9月30日]

ID:4913

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 ご案内している情報は、今後変更される可能性があります。ホームページで随時情報を更新し、ほっと情報メールなどでお知らせします。

新型コロナワクチンの初回接種(1・2回目)について (従来株のワクチン)

初回接種(1・2回目)は従来株ワクチンの接種となります。オミクロン株対応ワクチンは接種できませんのでご注意ください。


初回接種(1・2回目)を完了した人は、オミクロン株対応型ワクチン接種についてのお知らせをご確認ください。

対象者

12歳以上の人(初回接種(1・2回目)未接種者)

接種券の発送について

1・2回目の接種券は、令和3年4月~8月までに発送しました

1・2回目の接種券は、令和3年4月~8月までに対象者に発送しました。

※やむを得ない事情があり、住民票所在地以外に接種券の送付を希望する場合は、接種券等送付先変更届が必要です。
関連ページ:新型コロナワクチン接種券の送付先変更について

※岩倉市に転入した人等(岩倉市において接種記録が確認できない人を含む)については、接種券の発行申請が必要です。
関連ページ:新型コロナワクチン接種券の(再)発行について

ワクチンの種類について

初回接種(1・2回目)は従来株ワクチンの接種となります。
ワクチンの種類について
ワクチンの種類
1回目と2回目の接種間隔(標準)
対象年齢
 ファイザー社 3週間 12歳以上
 モデルナ社 4週間 12歳以上
 武田社(ノババックス) 3週間 12歳以上
*標準の接種間隔を超える場合は、できる限り速やかに2回目の接種をしてください。

*1回目と2回目は、原則、同じワクチンを接種します。ただし、1回目にモデルナ社ワクチンを接種した10代・20代の男性については、2回目接種でファイザー社ワクチンの接種を受けることができます。10代・20代の男性では、モデルナ社より、ファイザー社ワクチンの接種後の方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられているためです。新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎については、愛知県のホームページ(10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ)(別ウインドウで開く)をご覧ください。また、1回目のワクチン接種後に重篤な副反応が生じたこと等により、医師が医学的見地から、2回目に同一のワクチンを接種することが困難であると判断した場合は、1回目と異なるワクチンを2回目に接種することが可能です。

初回接種(1・2回目)の予約受付について

次のとおり、市内協力医療機関(いとうクリニック)で初回接種(1・2回目)の予約を受付しています。予約には、接種回数に応じた接種券が必要です。
新型コロナワクチンの接種時期
ワクチン 接種時期  予約開始日
ファイザー社ワクチン
・従来株のワクチンです。
10月15日(土)まで 予約受付中

接種場所

16歳未満への接種の場合は、原則、保護者の同伴が必要です。

【12~15歳のお子様の保護者の方へ】

新型コロナワクチン接種は、発症の予防や重症化の予防を目的として予防接種法の臨時接種に関する特例を設け、国の指示のもと市町村が実施します。
接種は強制ではありません。保護者の同意がある場合のみ接種が受けられます。

〈接種する場合には〉
●接種を希望する場合には、予診票の署名欄に、保護者の氏名を署名してください。接種を希望されない場合には、自署欄には何も記載しないでください。予診票に保護者の署名がなければ予防接種は受けられません。
●中学生以上のお子様への予防接種については、接種医療機関(接種会場)が認める場合(※保護者の同伴が必要ない旨の案内をしている場合に限る)には、保護者がワクチンの説明書を読み、予診票に保護者の方が自ら署名することによって、保護者の同伴がなくても、お子様は予防接種を受けることができます。12歳の小学生は、保護者の同伴が必要です。(大規模接種は保護者の同伴が必要です。)
保護者の同伴なしに接種する場合には、予診票の「電話番号」記載欄には、緊急連絡先(予診や接種の際に、必ず保護者の方と連絡のつく電話番号)を記載してください。
●疑問などがあれば、あらかじめ、国や市からの情報をご覧いただくか、かかりつけ医や保健センター等に確認し、納得したうえで、ご判断をお願いします。

個別接種:市内協力医療機関

個別接種(市内協力医療機関)
医療機関名 所在地 予約ができる
接種回数・ワクチン
接種可能
年齢
保護者の同伴が
必要な年齢
妊娠中の接種 授乳中
の接種
予約方法
いとうクリニック 東新町南江向24-5 1・2回目(ファイザー) 12歳以上 16歳未満 不可 不可 (1)Web
(2)電話(コールセンター)
電話0120-056-712
*予約日時は、Webまたはコールセンターでご確認ください。
*医療機関では直接の予約はできません。お問い合わせはご遠慮ください。

・原則として住民票のある市町村で接種します。
市外の接種会場で受けることができる人について・・・関連ページ:新型コロナワクチン住所地外での接種について
・国が開設している接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ(別ウインドウで開く)」で接種を受けることができる医療機関、接種会場についての確認ができます。

コロナワクチンナビ

愛知県ノババックスワクチン接種センター:愛知医科大学 眼科クリニック MiRAI

予約方法(市内協力医療機関)

*予約は、Webまたはコールセンターで受付します。
*予約には、接種回数に応じた接種券が必要です。

*接種に支障をきたすため、複数の医療機関(接種会場)での重複予約はご遠慮ください。

Webでの予約方法

二次元コードを読み込んでいただくか
https://jump.mrso.jp/232289/にアクセスしてください。
市の公式LINEからも予約ができます。

・不定期にメンテナンス(予約枠管理)を実施するため、ご利用いただけない時間帯があります。予約途中であった場合は、無効となりますのでご注意ください。

岩倉市新型コロナワクチン接種コールセンターでの予約方法

電話番号:0120-056-712

受付時間:毎日 午前9時~午後7時

・接種予約などワクチン接種に関する一般的な問い合わせができます。
・医学的なことはお答えすることができません。基礎疾患などがあり、ワクチン接種に不安のある人は、かかりつけの医療機関にご相談ください。
・予約開始時は電話がつながりにくい状況が続くことが予測されます。大変ご不便をおかけし申し訳ありませんが、再度、電話をしてください。Web予約もご利用いただきますようよろしくお願いします。

接種状況について

接種状況についてお知らせします(令和4年9月28日現在)。
新型コロナワクチンの接種状況
接種回数 接種率 
 1回目接種

81.4% 

 2回目接種81.0%
 3回目接種64.0%

*ワクチン接種記録システム(VRS)による接種者数です。

【年齢別接種状況】
新型コロナワクチンの年齢別接種状況
年齢区分 12~19歳 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳~64歳65歳以上 
 1回目接種率 74.5% 84.3%
 89.6% 82.6% 95.2% 95.4% 95.6%
 2回目接種率 73.8%

 83.5%

 88.9% 82.2% 94.8%

 95.3%

 95.4%

 3回目接種率 37.3%

 51.5%

 58.3% 62.7% 80.6% 86.7%

 91.3%

 4回目接種
 ー
 ー
 ー
 ー
 ー
 58.2%
 78.3%
*ワクチン接種記録システム(VRS)による接種者数です。

問合先・相談窓口

●ワクチン接種の予約・変更・キャンセル、一般的な質問など
岩倉市新型コロナワクチン接種コールセンター
電話0120-056-712
受付時間:毎日 午前9時~午後7時
※電話のかけ間違いが多く発生しています。お電話の際は電話番号をよくご確認のうえおかけください。
※接種予約は、Webでもできます。
※コールセンターでは、医学的なことはお答えすることができません。基礎疾患などがあり、ワクチン接種に不安のある人は、かかりつけの医療機関にご相談ください。

●市のワクチン接種に関する相談など
健康課(保健センター内)
電話0587-37─3511
受付時間:平日 午前8時30分~午後5時
※岩倉市新型コロナワクチン接種についての聴覚障がい者相談窓口(メールアドレス・ファクス)
聴覚に障がいのある人を対象にしていますので、聞こえる人は電話での問い合わせをお願いします。
メールアドレス:coronataisaku@city.iwakura.lg.jp
ファクス:0587-37-3931
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ(別ウインドウで開く)もご覧ください。

●ワクチン接種の効果や副反応に関する問い合わせ
愛知県新型コロナウイルス感染症 健康相談窓口
電話052-954-6272
受付時間:平日、土曜日・日曜日、祝日 午前9時~午後5時30分
電話052-526-5887(夜間・休日専用窓口)
受付時間:平日 午後5時30分~翌午前9時、土曜日・日曜日、祝日 24時間

●ワクチン施策などに関する問い合わせ
厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話0120-761-770
受付時間:平日、土曜日・日曜日、祝日
日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語・・・午前9時~午後9時
タイ語・・・午前9時~午後6時
ベトナム語・・・午前10時~午後7時
新型コロナワクチン接種に関する詳しい内容については、新型コロナワクチンについて(厚生労働省のホームページ)(別ウインドウで開く)をご覧ください。
新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省のホームページ)(別ウインドウで開く)もご覧ください。

●外国人のワクチン接種に関する問い合わせ
外国人在留支援センター(FRESC)ヘルプデスク
電話0120-76-2029
受付時間:平日午前9時~午後5時
言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語 ・タイ語・ベトナム語・フィリピノ語・ クメール語・ネパール語・インドネシア語・ ミャンマー語・モンゴル語・フランス語・シンハラ語・ウルドゥー語・ベンガル語
関連ページ:新型コロナワクチン接種を多言語により支援します(出入国在留管理庁のホームページ)(別ウインドウで開く)

接種費用

無料
お送りした接種券をご利用ください。

接種当日の持ち物

・接種券が印字された予診票と予防接種済証(切り離さないでください)
 *予診票は太枠内をボールペンで記入してお持ちください(消えるボールペンは不可)。
・本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)

*お持ちの方は、お薬手帳をお持ちください。
*肩を出しやすい服装でお越しください。
*マスクを着用してきてください。

接種の記録について

ワクチン接種後は、発行された「予防接種済証」を大切に保管してください。ワクチン接種の記録になります。接種券が発行される前に1・2回目の接種を受けた人(医療従事者、職域での接種者等) には、「接種記録書」が発行されます。

~「予防接種証明書」について~
海外渡航予定がある人を対象に、申請を受付します。
関連ページ:新型コロナワクチン接種証明書の交付申請の受付について

接種を受ける際の同意の取得

 新型コロナワクチン接種は強制ではなく、接種を受ける人の同意がある場合に限り行われます。感染症予防の効果と副反応及び予防接種健康被害救済制度について理解した上で、接種の判断をしましょう。 

厚生労働省ホームページ

 また、職場や周りの人などに接種を強制したり、接種を受けていない人に対しては、新型コロナウイルスに起因する差別や誹謗・中傷と同様に、差別や不利益な取り扱いをすることがないようお願いいたします。

相談窓口

1.職場におけるいじめ、嫌がらせに関する相談窓口

(1)愛知県が設置している相談窓口
愛知労働総合支援フロア労働相談コーナー、県民事務所の産業労働課等において、面接もしくは電話により相談に対応します。

職場におけるいじめ、嫌がらせに関する相談窓口(愛知県)
相談窓口 電話  相談対応時間
 あいち労働総合支援フロア
労働相談コーナー
 052-589-1405

●月~金曜日 午前9時30分~午後6時
●土曜日 午前10時~午後5時
*祝日・年末年始を除きます。

尾張県民事務所
産業労働課
 052-961-8070 月~金曜日 午前9時~午後5時30分
*祝日・年末年始を除きます。

(2)国が設置している相談窓口
厚生労働省が、愛知労働局、労働基準監督署内に設置している総合労働相談コーナーにおいて、面接もしくは電話により相談に対応します。
総合労働相談コーナー愛知(厚生労労働省)(別ウインドウで開く)で「総合労働相談コーナー の一覧」ををご覧ください。

2.学校におけるいじめ等に関する相談窓口
電話相談窓口「いじめほっとライン24」及び、いじめ等が起きた学校において、小学生、中学生、高校生及び保護者からの相談に対応します。
いじめほっとライン24(子どもSOSほっとライン24)(愛知県)(別ウインドウで開く)
電話:0120-0-78310
対応時間:24時間

3.人権に関する相談窓口
法務省が設置している相談窓口において、電話、インターネット等により相談に対応します。
人権相談(法務局)(別ウインドウで開く)

4.ワクチン接種に係る差別等に関する相談窓口の案内
愛知県ワクチン接種体制整備室において、相談内容に応じて適切な相談窓口をご案内します。
感染症対策局ワクチン接種体制整備室ワクチン総括グループ 電話:052-954-7466

健康被害救済制度について

予防接種法では、健康被害に対しての救済(医療費・障害年金等の給付)制度が設けられています。

厚生労働省ホームページ

予防接種健康被害救済制度(別ウインドウで開く)

新型コロナワクチンQ&A(別ウインドウで開く)

また、新型コロナワクチン接種後の副反応等(副反応疑いを含む)の症状により医療機関で治療を受けた人を対象に、県独自の見舞金を支給します。(県の見舞金の支給を受けるためには、国の健康被害救済制度に係る申請が必要です。)

愛知県ホームページ

新型コロナワクチン副反応等見舞金について(別ウインドウで開く)


ワクチンに関する詐欺にご注意ください

 県や市の職員の名前をかたり、新型コロナワクチンの接種ができると言い、現金を要求する不審電話が掛けられています。
新型コロナワクチン接種については、国の施策として実施するため無料です。不審な電話等には騙されないようご注意ください。

 国民生活センターでは、「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」を開設し、フリーダイヤル(通話料無料)で、ワクチン詐欺に関する消費者トラブルについて相談を受け付けています。
相談受付時間:午前10時から午後4時(土曜、日曜、祝日を含む)
相談特設番号:0120-797-188(フリーダイヤル)
※電話のおかけ間違いにご注意ください。
※050から始まるIP電話からはつながりません。
※電話がつながりにくい時間帯があります。「消費者ホットライン188」も併せてご利用ください。
国民生活センター「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ