ページの先頭です
メニューの終端です。

交通災害共済

[2016年7月30日]

ID:228

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

交通災害共済とは

交通災害共済は、7市4町で尾張市町交通災害共済組合(共済組合)をつくり、加入者のみなさん(会員)が交通事故に遭われ死傷した場合に、共済組合からお見舞金をお支払する制度です。

加入の手続き

加入資格

岩倉市の住民基本台帳に記録されている人

会費

一人年額500円
9月30日以後に加入申し込みをされる場合は1人300円です。

岩倉市が会費を助成している人(本人の加入手続きは不要です)

加入資格者のうち、毎年4月1日を基準日として、以下の人の会費を助成しています。助成対象者は、岩倉市が会費の納入と申込手続きを行いますので、ご本人が申し込む必要はありません。
  • 75歳以上の人
  • 身体障害者手帳または療育手帳をお持ちの人

※いずれも4月1日現在、岩倉市の住民基本台帳に記録されている人

加入申込方法

加入された世帯へは、翌年度分の加入申込書を1月下旬に送付します。加入される人は、直接市民窓口課または下記の取扱金融機関に会費を添えてお申し込みください。(三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行(郵便局)では取扱いはできません。)
なお、新規で加入される場合は、市民窓口課でお申し込みください。

取扱金融機関(下記の支店に限ります)

  • いちい信用金庫愛北営業部・岩倉支店
  • 愛知北農業協同組合岩倉支店・岩倉西支店
  • 中京銀行岩倉支店
  • 名古屋銀行岩倉支店
  • 十六銀行岩倉支店
  • 愛知銀行岩倉支店

共済期間

4月1日から翌年3月31日までです。途中加入された人(4月1日以降の加入者)は、会費を納入した日の翌日から共済期間が始まります。加入後、市外に転出されても共済期間中は有効です。

見舞金の額と対象とする事故等

見舞金

共済見舞金一覧
等級交通災害の程度共済見舞金
1級死亡した場合1,500,000円
2級後遺障害の場合(自動車損害賠償保障法施行令の別表第1級、第2級、第3級の各号に掲げる障害)800,000円
3級入院通院治療実日数が240日以上の傷害を受けた場合250,000円
4級入院通院治療実日数が150日以上の傷害を受けた場合120,000円
5級入院通院治療実日数が120日以上の傷害を受けた場合100,000円
6級入院通院治療実日数が90日以上の傷害を受けた場合70,000円
7級入院通院治療実日数が60日以上の傷害を受けた場合60,000円
8級入院通院治療実日数が30日以上の傷害を受けた場合50,000円
9級入院通院治療実日数が15日以上の傷害を受けた場合40,000円
10級入院通院治療実日数が8日以上の傷害を受けた場合30,000円
11級入院通院治療実日数が7日以下の傷害を受けた場合20,000円

※実日数とは、病院に実際に入院・通院した日数です。

対象となる交通事故

  1. 道路上で歩いていて自動車、バイク、自転車などにはねられたり、ひかれたりした事故
  2. 道路上で自動車、バイク、自転車などで走行中の人身事故(衝突、つい落、転倒、接触および追突された事故)
  3. 道路上における電動式車いすで移動中の自損事故

 ※日本国内で発生したものに限ります。

対象とならない事故

  1. 電車、汽車、飛行機、船舶、ケーブルカー、ロープウエー等に乗車中の事故
  2. 16インチ未満の自転車、補助輪付きの自転車の自損事故
  3. 自宅駐車場および自宅敷地内の事故 
  4. 手動式または手押式車いすの自損事故
  5. 耕うん機、トラクター、ブルドーザー等作業用機械で作業中の事故
  6. 道路上を歩いていて転倒
  7. 自転車、バイクを押しながら歩いていて転倒 
  8. 交通事故の相手に対する保障

見舞金が支給制限(全部または一部)される事故

自殺、天災、無免許運転、飲酒運転等故意または重大な過失による場合等は見舞金が支給されないことがあります。

見舞金の請求期間

事故から2年以内の請求が必要

交通事故のあった日から2年以内に市民窓口課で請求してください。2年を経過すると時効となり見舞金を請求することができなくなります。治療中であっても必ず2年以内にそれまでの分でご請求ください。2年以内に治療が終わる見込みが高い場合は、治療終了後にまとめてご請求ください。

見舞金の請求方法

必要書類をそろえて、加入申し込みをした市民窓口課に提出してください。岩倉市で加入後に市外へ転出した場合は市民窓口課で、他市町で加入後に岩倉市に転入した場合は加入手続きをした市役所または町役場で請求手続きをしていただくことになります。
 

必要書類

  1. 見舞金請求書(指定用紙)
  2. 口座振替申請書(指定用紙)
  3. 交通事故証明書(各都道府県の自動車安全運転センター発行のもの、複写可)
    または交通事故現認書(指定用紙)、交通事故申出書(指定用紙)
  4. 診断書(複写可、通院カレンダー入りのもの)
    死亡された場合は、死亡診断書または死体検案書(複写可)、見舞金の等級で2級に該当する場合は、後遺障害診断書(複写可、指定様式の診断書は市民窓口課にあります。)
  5. 会員証(加入時に受け取った控え)
  6. 印鑑
  7. 預金通帳
  8. 運転免許証

※事故や請求内容により、他の書類が必要になる場合もあります。詳しくはお問い合わせください。

必要書類の印刷様式と記入例

必要に応じて印刷してご利用ください。           

お知らせ

平成30年度をもちまして加入募集を終了します。

募集の終了は、民間保険事業の多様化に伴う加入者の減少などによるものです。なお、交通事故日から2年間が見舞金の請求期限ですので、ご注意ください。

お問い合わせ

岩倉市役所市民部市民窓口課窓口グループ

電話: 0587-38-5807

ファックス: 0587-66-6100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ