ページの先頭です
メニューの終端です。

指定緊急避難場所及び指定避難所について

[2017年6月6日]

ID:2029

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

指定緊急避難場所および指定避難所の指定について

平成23年3月11日に発生した、東日本大震災では、避難所に避難したが、津波により亡くなられた方がいました。

その教訓により、災害対策基本法が改正され、従来の避難所を、発災したら最初に避難する「指定緊急避難場所」と避難所生活を送る「指定避難所」に区分し、指定することが義務付けられました。

また、指定緊急避難場所は、どの災害の時に避難する場所なのか明確にするため、災害種別ごとに指定することが義務付けられました。

そのため、岩倉市は次のように指定しましたのでお知らせします。

また、併せて「福祉避難所」指定しましたので、ご確認ください。

指定緊急避難場所について

指定緊急避難場所とは、災害が発生した時に、最初に避難する場所です。

岩倉市では、市内にて想定される「地震」「洪水・内水氾濫」「大規模な火災」ごとに指定しています。

どの災害が起きたら、まず、どこに避難すればよいか、ご確認ください。

指定緊急避難場所一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

指定避難所、福祉避難所について

指定避難所について

指定避難所とは、学校の体育館等にて、避難所生活を送る施設のことをいいます。

震度5弱以上地震時には、市内5小学校を最初に避難所として自動開設しますので、避難生活が必要な方は、市内5小学校へ避難しましょう。

風水害時には、災害の状況により必要施設を順次避難所として開設します。どの施設が避難所として開設されているか確認し、避難しましょう。

※ すべての指定避難所が一斉に避難所として開設されるわけではないのでご注意ください。

※ 避難される際は、食料等を持参していただきますようお願いします。

福祉避難所について

福祉避難所とは、避難所生活を送る上で、配慮が必要である方(高齢者、障害者、乳幼児等)に対応するための避難所です。

福祉避難所は、収容人数に限りがあり、施設の受入れ体制が整う前に避難してしまうと混乱することが予想されます。

福祉避難所への避難を希望される場合は、まず、市内に開設されている避難所へ避難してください、その後、必要な方は福祉避難所へ移送します。

指定避難所一覧表

岩倉市避難所運営マニュアルをご確認ください

大規模災害が発生した際、行政は全力で災害対応に当たりますが、多くの被災者と同様に、行政自身も被災し、災害対応に支障が出たり、人的・物的な限界を超え、迅速な支援を実施できないことも想定されます。

災害時に円滑な避難所の運営を行うためには、行政機関、施設管理者だけでなく、避難者も協力することが必要不可欠であり、また、避難者による自力運営する必要があります。

そこで岩倉市は、平成27年3月に避難所において発生することがあらかじめ予想される課題の内容や範囲を示し、これに対して、行政機関、施設管理者、避難者が行うべきことを示した「避難所運営マニュアル」を策定しました。


岩倉市避難所運営マニュアル

お問い合わせ

岩倉市役所総務部危機管理課危機管理グループ

電話: 0587-38-5831

ファックス: 0587-66-6380

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ