ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年分確定申告会場のご案内

[2021年2月26日]

ID:4878

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

開催概要

開催概要
 会場日時場所 備考
 小牧市公民館

 2月16日火曜日から3月15日月曜日まで
(土曜日、日曜日、祝日を除く)
午前9時から午後5時まで
(受付は午後4時まで)

2月21日日曜日、2月28日日曜日は受付を行います。
※新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、整理券による人数調整を行います。詳しくはこちら(別ウインドウで開く)
小牧勤労センター

3月16日火曜日から3月30日火曜日まで
(土曜日、日曜日、祝日を除く)
午前9時から午後5時まで
(受付は午後4時まで)

申告義務のない人の還付申告(年末調整済の給与所得のみの人で医療費控除や寄附金控除により還付を受ける場合など)や、消費税の申告相談の人のみ受付を行います。
※新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、整理券による人数調整を行います。詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

岩倉市役所2月16日火曜日から2月26日金曜日まで
(土曜日、日曜日、祝日を除く)
午前8時30分から午後4時まで
7階大会議室税理士による無料相談は午前9時30分からになります。
※新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、整理券による人数調整を行います。詳しくは下記の『岩倉市役所の会場へお越しの人へ』をご確認ください。

小牧会場で当日配付する「入場整理券」の配付状況は、こちら(別ウインドウで開く)の【入場整理券(当日分)の配付状況】にてご確認ください。

主な対象者

・申告の必要な所得があった人
・給与所得がある人で年末調整ができなかった人
・給与収入が2,000万円を超える人
・2か所以上から給与などを受けている人で年末調整を受けていない給与収入などが20万円を超える人
・給与所得があり、給与所得・退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える人
・医療費控除など年末調整できない控除を受けたい人

ご自身の申告内容をご確認ください

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

岩倉市役所の会場へお越しの人へ

・過年分(令和元年分以前)の申告、株式・土地建物などの分離譲渡所得の申告、年末までに亡くなった人の申告、市外に住民票がある人の申告は受付できません。
・駐車場が大変混雑しますので、自転車などでの来庁にご協力ください。
・お越しいただく際は、医療費控除の明細書など必要な書類を完成させたうえでお越しください。
・共用の筆記用具や電卓はご用意しませんので、ご自身でご持参ください。

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止への対応

・マスクの着用や手指の消毒にご協力ください。
・窓口の混雑を避けるため、なるべくお一人での来庁にご協力ください。
・発熱など体調不良のある人は来庁をご遠慮ください。
・入場時に検温を実施します。37.5度以上の発熱がある場合、咳など風邪の症状がある場合、検温にご協力いただけない場合など感染防止の観点から適切でないと判断した際には入場をお断りさせていただきます。

整理券の配付により会場内の人数を調整させていただきます!

・整理券は当日配付します。
・受け取られた整理券で指定されている時間内に会場までお越しください。

注意

・混雑を避けるため、会場内には整理券で指定された時間以外の入場はできません。指定された時間までお待ちいただく場所も設置しませんので、一度ご帰宅いただくなどご協力をお願いします。
・希望の申告時間を指定することはできません。
・混雑状況によって、後日の来場をお願いする場合があります。

持ち物

☑申告者の番号確認書類(マイナンバーカード、通知カード等)、身元確認書類(免許証、保険証等)
☑収入がわかるもの(源泉徴収票等 ※紛失した場合はお勤め先で再発行してもらってください)
☑医療費控除を受ける場合は、医療費控除の明細書
☑社会保険料控除や生命保険・地震保険料控除を受ける場合は、控除証明書等の控除金額のわかるもの
☑障害者控除を受ける場合は、障害者手帳等
☑住宅借入金等特別控除を受ける場合は・・・
 ・計算明細書
 ・登記事項証明書
 ・住宅取得のための借入金の年末残高証明書
 ・契約書等で家屋の取得価格を明らかにする書類の写し(認定住宅、増改築等の場合にはその他に必要な書類があります)
☑住宅耐震改修特別控除を受ける場合は・・・
   ・計算明細書
 ・住宅耐震改修証明書
 ・住宅耐震改修をした家屋の登記事項証明書
 ・補助金の額を証する書類
☑所得税が戻る場合は、振込先の金融機関名と口座番号(申告者名義)がわかるもの

医療費控除の申告をされる方へ

平成29年分の確定申告から、医療費控除の申告が簡略化されました。
移行期間の終了により、令和2年分の申告から「医療費の領収書」の提出による申告はできなくなります。
申告の際はご自宅で「医療費の明細書」を作成のうえ、申告書に添付してください。

※「医療費の領収書」はご自宅で5年間保管してください。
※医療保険者から交付を受けた「医療費通知」を添付すると、医療費の明細書の記入を省略できます。
(医療費通知に記載のない期間分の医療費は明細書に記載していただく必要があります)

「医療費の明細書」の様式はこちら(別ウインドウで開く)

マイナンバーの記載について

社会保障・税番号制度の導入に伴い、マイナンバーの記載及び本人確認書類の提示または写しの添付が必要になりました。マイナンバーカードをお持ちの人はマイナンバーカードだけで番号確認と身元確認が可能です。マイナンバーカードをお持ちでない人は番号確認書類(通知カード等)と身元確認書類(運転免許証、健康保険証等)が必要です。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ