ページの先頭です
メニューの終端です。

下水道工事の申し込み

[2016年7月30日]

ID:140

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

下水道工事の申し込み

公共下水道が整備されますと、みなさんのご家庭や工場などからの汚水を下水道に流せるようになります。市はその区域(処理区域)をお知らせします。そうしますと、処理区域のご家庭では汚水を直接公共下水道に流すための「排水設備」をつくっていただくことになります。

排水設備とは

下水道は市が道路などの下に建設し管理を行う「公共下水道」と、個人の敷地内に設置し、ご家庭から出る汚水を直接公共下水道へ流すための排水管や汚水ますなどの「排水設備」からなっています。排水設備は、みなさん個人でつくり、補修、点検などの管理をしていただくことになります。

トイレの水洗化は3年以内に

公共下水道が完成し、お住みの地域が処理区域になりますと、くみ取り便所は公共下水道が使用できるようになった日から3年以内に、公共下水道に直接流す水洗トイレに改造しなければなりません(下水道法第11条の3)。また、処理区域では、水洗トイレにしないと家屋を新築することができません。

排水設備は遅滞なく設置を

台所や浴室、洗濯などの汚水を道路の側溝や水路に流している場合、できるだけ早く公共下水道に直接流す排水設備を設置しなければなりません。(下水道法第10条)

し尿浄化槽は廃止しましょう

し尿などの汚水は、下水処理場で処理されるので、し尿浄化槽は必要なくなります。そのままですと公衆衛生上も好ましくないので、し尿浄化槽は廃止して、直接公共下水道に流すようにしてください。

排水設備工事は市の指定工事店で

排水設備工事は、家のまわりに排水管を布設し、汚水ますを設置するとともに、水洗便所に改造する工事等をし、下水道へ流すための工事を行うものです。
この工事は、市が指定した「指定工事店」しか工事をすることができません。「指定工事店」は、基準に合った排水設備をつくるために必要な技術を習得しているほか、市に対する必要書類の作成、届出などの手続きをみなさんに代わって行います。
下水道へ接続されるときは、「指定工事店」へ工事の申し込みをしてください。

下水道の異常

下水道ができたからといって、何でも流していいということではありません。正しく使用しなければ、故障や排水管が詰まる原因となったり、設備の寿命を縮めることになります。
故障の原因には、トイレでトイレットペーパー以外のものを流したり、台所で野菜くず、残飯、天ぷら油などを流したり、生ごみを砕く台所用のディスポーザを使用するなどがあります。異常をおこさないために、皆さんのご家庭でもご注意ください。(ディスポーザの使用については、「ディスポーザ排水処理システムの設置について」をご覧ください。)
もし、トイレの故障、宅地内の排水管の詰まりなどが起きたときは、「指定工事店」に修理を依頼してください。

岩倉市下水道排水設備指定工事店一覧

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

水洗便所改造資金融資あっせん制度

今まで使用していたくみ取り便所を水洗便所に改造したり、し尿浄化槽を廃止して下水道に接続するには、工事資金が必要になります。
そのために、市では一度にみなさんの負担にならないよう、この工事に必要な資金を金融機関に融資のあっせんをしていますのでご利用ください。
(※融資可能かどうかは各金融機関が決定いたしますのでご了承ください。)

融資あっせんの内容

融資あっせん額

  • くみ取り便所を水洗便所に改造し公共下水道へ接続する場合
    (便槽が1個増すごとに30万円以内を加算) 60万円以内
  • 既設し尿浄化槽を廃止して公共下水道に接続する場合
    (し尿浄化槽が1個増すごとに15万以内を加算) 30万円以内

※ただし、下水道につなぐことができるようになってから、3年以内に工事を行う方に対して)

利子については、全額を市が負担し、返済は融資を受けた月の翌月から60か月以内の元金均等月賦償還となります。
償還方法は融資を受けた月の翌月から60月以内の元金均等月賦償還となります

申し込み条件

  • 下水道事業受益者負担金および市税を滞納していない人
  • 自己資金のみでは改造資金を一時に負担することが困難な人
  • 融資金の償還能力のある人
  • 弁済能力のある連帯保証人がある人
  • 供用開始の日から3年以内に改造工事を行う人

申し込み方法

指定工事店に排水設備工事の申し込みと同時に申し込んでください。 

ディスポーザ排水処理システムの設置について

岩倉市では、下水道処理区域内において、機械処理タイプのディスポーザ排水処理システムを使用することが可能です。(※直接投入型ディスポーザ、生物処理タイプのディスポーザ排水処理システムは使用することができません。)
ディスポーザは排水設備の一つなので、設置をする場合は、「指定工事店」へ依頼してください。 

お問い合わせ

岩倉市役所建設部上下水道課下水道グループ

電話: 0587-38-5815

ファックス: 0587-66-7135

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ