ページの先頭です
メニューの終端です。

ごみ

[2016年7月30日]

ID:171

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1.ごみの出し方

集積場所に出すごみ

料理くず、リサイクルできない紙くず、木くず、打ち枝、草などの燃やすごみ
食品トレイ・発泡スチロール、プラスチック製の袋・ふた・カップ・ボトル・ネットなどのプラスチック製容器包装資源
靴やかばんなどゴム・革製品、おもちゃ等容器包装以外のプラスチック製品などの破砕ごみ
とに分けて収集しています。
なお、びん、缶、金属・小型家電、ペットボトル、古紙・古着類などは資源化できるよう分別収集しています。

  • 市の指定袋で出してください!
     
    集積場所に出す「燃やすごみ」「破砕ごみ」「プラスチック製容器包装資源」は市の指定袋に。
     中身が見えない黒や青の袋
    は、もし、針や刃物等が入っていたら、作業員がケガをするなど、危険性もあり、市では収集しません。
  • 収集日
      「燃やすごみ」は、週2回(南部地区は月曜日と木曜日、北部地区は火曜日と金曜日)
     「プラスチック製容器包装資源」は週1回(南部地区は木曜日、北部地区(東新町(岩倉団地)は除く)は金曜日、東新町(岩倉団地)は水曜日)
    「破砕ごみ」は、毎週水曜日に収集しています。
  • 守ってください!ごみ出しのルールとマナー
    1.時間

     当日の朝8時30分までに
    2.場所
     決められた集積場に
    3.方法
     分別して、出してください

ごみは、決められた日時に、決められた場所に出さないと、近所の迷惑になります。

分別収集

分別収集日は、各家庭にお配りしてある「ごみと資源の分別と出し方」の分別収集日程表をご覧ください。
※「ごみと資源の分別と出し方」がない場合は、市役所1階の情報サロン、3階の環境保全課、または清掃事務所にありますので、ご利用ください。

分別収集の当日午前8時30分までに、決められた場所へ古紙・古着類、色びん、ビールびんなどの生きビン、スチール缶、アルミ缶、ペットボトル、金属・小型家電、テープ類、小型ごみ、危険ごみ、有害ごみ(蛍光管など)、テープ類、ライターなどに分けて出してください。

びんや缶は、袋に入れたまま出さずに、決められた網袋やかごに入れてください。
びん、缶、金属・小型家電、ペットボトル、古紙・古着類は資源として再利用しています。

  • ライターは分別収集へ!
     
    袋に入れて出された使い捨てライターが原因で、収集車両の火災が発生しています。
     ライターは必ず中身をカラにして、分別収集の「ライター入れ」に。
  • スプレー缶は穴をあけて分別収集へ!
     
    スプレー缶やカセットガスの缶は、完全に使い切った後、火の気のない、風通しのよい所で穴をあけてから分別収集に資源ごみとして出してください。分別収集場所で穴をあけるときにも、周囲の状況に十分ご注意ください。
  • ペットボトルはラベルをはがし、キャップを外して、つぶさずに分別収集へ!
     
    ペットボトルに付いているラベルとキャップは、ペットボトルとは素材が異なりプラスチック製容器包装となります。より品質の高いリサイクルを実施するため、ラベルをはがし、キャップを外して、つぶさずに出していただくよう、ご協力をお願いします。
  • アルミ缶とスチール缶もつぶさずに分別収集へ! 
     
    アルミ缶とスチール缶についても、より品質の高いリサイクルを実施するためにはつぶさないで出していただく必要があります。ご協力をお願いします。   


新聞、雑誌、段ボール、牛乳パック、古布などは「分別収集」で収集していますが、別に「古紙と古着の日」でも収集を行っています(一部地域を除く。)。日程については「ごみと資源の分別と出し方」の古紙と古着の日日程表をご覧ください。
なお、子ども会などの地域の廃品回収に出していただくこともできます。ご協力をお願いします。

引っ越しなどにより一時的に出る多量ごみは、ご自分で小牧岩倉エコルセンター(小牧市大字野口2881-9 電話0568-79-1211)へ搬入するか、一般廃棄物処理業者に依頼してください。

なお、粗大ごみは有料戸別収集となっています。詳しくは、「粗大ごみの出し方」をご覧ください。

2.粗大ごみの出し方

岩倉市では、粗大ごみは有料戸別収集となっています。

粗大ごみとは?

原則として、たて、横、高さのいずれか一辺が60センチメートル以上のものになります。

有料戸別収集とは?

机・たんすなどの家具類、ステレオ・掃除機・石油ストーブなどの機械器具類、オルガン・自転車などの楽器遊具類などの粗大ごみについて、事前に電話で申し込んでいただき、収集日を決め、有料で原則としてお宅の前まで収集にうかがう方式です。

有料戸別収集のイメージ

料金は?

粗大ごみ1個につき、1,000円の処理手数料が必要になります。

電話予約の受付は?

専用電話0587-66-8153(ハイごみ)に、お申し込みください。
時間は、午前8時30分から午後5時15分までです(土曜日・日曜日、祝日、年末年始は除きます)。

※家電リサイクル法対象の「エアコン」「テレビ(ブラウン管式、液晶式、プラズマ式)」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・衣類乾燥機」は除きます。
※家庭から出る使用済みパソコンは除きます。
※消火器、オートバイなど処理が困難なものも除きます。
※スキー板とストック2本のようにセットで1個となるものがありますので、収集日の予約とあわせてお確かめください。

収集申し込みの方法は・・・

  1. 粗大ごみの収集を希望される場合は、直通電話(清掃事務所内)0587-66-8153(ハイごみ)で申し込んでください。
    ※耳の不自由な方は、ファクスで清掃事務所(ファックス0587-66-5942)に、ご自分の連絡先ファックス番号を明記の上、お申し込みください。
    ※受付時間 午前8時30分から午後5時15分(土曜日・日曜日、祝日、年末年始は除きます)。
  2. 収集日と受付番号をご確認ください。
  3. 電話で住所、氏名、電話番号と、何を出したいかをお伝えください。
    ※1回の収集でお申し込みできる粗大ごみの個数は5個までです。
    それ以上になる場合は、
    ・次回に再度申し込む
    ・小牧岩倉エコルセンターへ直接持ち込む(有料)
  4. 収集日、排出場所(原則自宅前)、受付番号および「岩倉市粗大ごみ処理手数料納付券」(1枚1,000円)が何枚必要かをお知らせしますので、控えておいてください。

粗大ごみの出し方は・・・

  1. 受付時にお知らせした必要な枚数分、「粗大ごみ処理手数料納付券(シールになっています)」を必要枚数購入してください。
    ※「粗大ごみ処理手数料納付券(シール)」は現金での払戻ができません。
  2. 「粗大ごみ処理手数料納付券」は、商店・スーパー・コンビニなどで取り扱っています。(粗大ごみ処理手数料納付券取扱店をご覧ください。
  3. 購入した納付券に、氏名または受付番号をご記入のうえ、粗大ごみの目立つところに貼って、指定された収集日の午前8時30分までに自宅前または指定された場所に粗大ごみを出してください。なお、収集に立ち会う必要はありません。
  4. 収集車が自宅までお伺いしますので、他の人の迷惑、交通の妨げにならないよう自宅前の安全な場所に出してください。
    ・戸建て住宅・・・玄関または門の脇
    ・狭い路地の奥などの住宅・・・受付時に指定された場所
    ・集合住宅(アパート・マンション等)・・・専用集積場または受付時に指定された場所

戸別収集する粗大ごみは・・・

原則として縦、横または高さのいずれか一辺が60センチメートル以上のものとなります。

蛍光管は分別収集へ

蛍光管は60センチメートル以上であっても、「有害ごみ」として分別収集の蛍光管回収箱に出してください。

多量のごみは小牧岩倉エコルセンターへ搬入してください

引越し時などで、一度に多量に出るごみは、ご自分で小牧岩倉エコルセンターへ搬入(有料)するか、一般廃棄物処理許可業者へ依頼してください(有料)。
小牧岩倉エコルセンターの処理手数料は、10キログラムあたり200円です。

3.事業系ごみの出し方

事業者は、事業活動に伴い発生したごみを自らの責任において適正に処理することが廃棄物処理法に定められています。

事業活動などで出るごみは、市では収集しないため、一般のごみ集積場や分別収集会場などには出せません。
ご自分で小牧岩倉エコルセンターへ搬入するか、岩倉市の許可を受けた一般廃棄物処理業者に依頼して処理してください。いずれも有料です。搬入時は、前もって電話で搬入の許可をとってください。

また、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、法令で定められた20品目は産業廃棄物となります。

産業廃棄物については、愛知県の許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託し、適正に処理してください。

処理業者については一般社団法人愛知県産業廃棄物協会(別ウインドウで開く)にお問い合わせください。

4.古紙・古着の出し方

古紙をごみにしないで!ご協力くださいもっと古紙リサイクル

古紙類は、くりかえし使える資源です!どうか古紙類をごみにしないで!資源に!

ごみと一緒に出すと、燃やされてしまいます。

ごみと一緒に出すと小牧岩倉エコルセンターに運ばれ、溶融処理されます。古紙や古着はごみではありません。
必ず、廃品回収や分別収集に、資源物として出しましょう。

家に配達される新聞とチラシだけで1年間に120キログラムになります。

一般的な新聞の朝・夕刊と折込チラシは1週間で3キログラム近い量になります。
120キログラムの古紙は、太さ14センチメートル、高さ4メートルの木5本分のパルプ資源に相当します。

みんなが雑がみを資源にすれば、ごみを減らすことができます。

お菓子の包み紙や箱など紙製容器、ダイレクトメールなどの封筒とパンフレット、使ったメモ用紙、カレンダー、ポスター、チラシ・・・
これら「雑がみ」はみんな資源になります。岩倉の雑がみを資源に!

紙はくりかえし使える、もっとも身近なリサイクル製品です。

新聞も雑誌も商品の入った板紙の箱も牛乳などの紙パックも、分けて集めれば、製紙工場に送られ、くりかえし、くりかえし紙製品に再生できます。

平成27年4月から牛乳パックの回収方法が変わりました!

牛乳パックなどの紙パックは、平成27年4月から「分別収集」、「古紙と古着の日」の品目として回収を始めました。
記念品交換制度は平成26年度で終了いたしました。

混ぜないで 禁忌品

ビニールコート紙、感熱紙、カーボン紙、写真、感熱発泡紙、粘着テープ類、紙コップ等ワックス加工紙、ファイルの金具、クリップ類、セロハン・フィルム類、布製品、プラスチック製品・・・
これらが混ざると紙の原料にならない場合があります。

古着も資源に!

洗濯し乾かした古着はTシャツからスーツ類までほとんどが資源になります。
禁忌品は合羽などビニール製のもの、濡れているもの、くつ、スリッパ、帽子、中綿が入った布団、座布団・・・
これらのものは資源になりません。
特に古着と古布は、濡れると資源化に支障をきたします。雨の日には透明な袋に入れて出してください。

古紙と古着の日

  • 毎月1回、分別収集と同じ場所で行います。(※一部の地域では行っておりません。)
  • 当日の朝8時30分までに出してください。前日からは出せません。
  • 雨の日も実施します。透明な袋に入れて出してください。
  • 古紙と古着・古布のみを受け付け、他の資源物やごみは受け付けません。
  • 古新聞(折込チラシの混入OK)、ダンボール、古雑誌と雑がみ、古着と古布に分け、しばって出してください。(雑がみは紙袋などに入れて)・・・
  • 牛乳パックなどの紙パックは洗って、開いて、乾かした状態で出してください。(紐などはほどいて決められたかごに出してください)・・・
  • 古紙にカーボン紙、写真、感熱紙、粘着テープ類、紙コップ等ワックス加工紙、金具、クリップ、セロハンや布類などを混ぜないでください。紙の原料になりません。・・・不可
  • 洗濯し乾かした古着と、シーツ・タオルなど古布を出してください。・・・
  • 雨合羽などビニール製のもの、濡れているもの、スリッパや帽子、中綿が入った布団や座布団は出せません。・・・不可

古紙と古着を資源として出していただける「分別収集」と「古紙と古着の日」は、お住まいの地域によって実施する日が異なりますので、「ごみと資源の分別と出し方」の分別収集日程表、古紙と古着の日日程表をご確認ください。

5.日曜資源回収

岩倉市では、市民の皆さんの多種多様化しているライフスタイルに合わせ、利便性を図りかつ資源の有効利用を図るため、分別収集に出すことができない人を対象として、月一回の分別収集とは別に「日曜資源回収」を実施し、通常の分別収集と同じ品目を回収しています。ぜひご利用ください。

収集日と時間

  • 岩倉市清掃事務所(e‐ライフプラザ)
     収集日:毎月第1、第3日曜日
     時間:午前9時から正午まで
  • 消防署東側防災公園
     収集日:毎月第2、第4日曜日
     時間:午前9時から正午まで

※日程の詳細については「ごみと資源の分別と出し方」の日曜資源回収日程表をご覧ください。

収集品目(通常の分別収集と同じです。)

  1. アルミ缶、スチール缶、ペットボトル、びん類、古紙・古着、危険ごみ、小型ごみ、金属・小型家電、有害ごみ、テープ類、ライター類
  2. 廃食用油(e‐ライフプラザのみ)

※係員の指示に従い、受付を済ませた後に指定の場所へ出してください。
※上記以外の回収は行っていませんので、持ち込まないでください。

ルールを守ってご利用ください

  1. 大半の人がルールを守ってご利用されている一方で、ルール違反のごみを持ち込もうとする人も増えてしまっています。そのため、今まで以上にルールを徹底させていただきますので、ご理解とご協力をおねがいします。
  2. 引越しや大掃除などで多量に出たごみ(大型のワンボックスカーで1杯や軽トラックで複数回)や、片付けの請負業で回収したと思われるごみが持ち込まれる事例が発生しています。これらのごみは市では回収しませんので、小牧岩倉エコルセンターに直接搬入していただく等、適正に処理してください。疑わしいときは、住所・氏名等を確認させていただく場合があります。
  3. 1辺が60cm以上で粗大ごみにあたる物は一切回収しません。1点1000円の有料戸別収集(事前申し込み番号66-8153)をご利用いただくか、小牧岩倉エコルセンターに直接搬入してください。

注意事項

  1. 警報発令時等天候により実施が困難な場合は中止しますので、予めご了承ください。
  2. 収集日当日の電話での問い合わせは受け付けておりません。開庁日の午前8時30分から午後5時15分までの間にお問い合わせください。また、消防署へのお問い合わせもご遠慮ください。
  3. 日曜資源回収では受付時に、住所をお尋ねします。これは岩倉市民であるかどうか確認するためのものです。岩倉市以外にお住まいの方は出せません。また、事業所からの排出もお断りしています。
  4. 消防署東側防災公園は、南側道路の出入り口から直接公園内に入場できるようになりました。また、消防署敷地内の駐車場もご利用いただけます。その際は消防職員の訓練や緊急車両の出入りの妨げにならないように注意してください。なお、西側の緊急車両用の出入り口は使用しないでください。
  5. 最近、消防署東側防災公園は混雑しています。清掃事務所の駐車場には余裕がございますので、ぜひこちらもご利用ください。

問合わせ先

  • 清掃事務所
     電話 0587-66-5912
  • 小牧岩倉エコルセンター
     電話 0568-79-1211

お問い合わせ

岩倉市役所市民部環境保全課廃棄物グループ

電話: 0587-66-5912

ファックス: 0587-66-6100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ