ページの先頭です
メニューの終端です。

児童手当

[2016年12月1日]

ID:1855

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

児童手当

次代の社会を担う児童の健やかな成長のため手当を支給する制度です。

児童手当の受給者は、支給対象の児童を養育している保護者で主に世帯の生計を立てている方になります。


支給対象

中学校卒業まで(15歳になった後の最初の3月31日まで)の児童が支給対象となります。

※児童が日本国内に住んでいる場合に支給します。

 海外に住んでいる児童は、留学をしている等、一定の要件を満たす以外は支給対象となりません。


支給額

  • 児童手当(所得制限限度額未満の人)
     0歳から3歳未満:(一律)15,000円
     3歳以上から小学校修了前:(第1子・第2子)10,000円、(第3子以降)  15,000円
     中学生:(一律)10,000円


  • 特例給付(所得制限限度額以上の人)
     0歳から中学生(一律)5,000円



所得制限限度額(平成24年6月分から所得制限が導入されました。)

所得制限限度額一覧
扶養親族等の人数 所得制限限度額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人以上 1人増すごとに+38万円

・老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる場合は、1人につき6万円を所得制限限度額に加算します。

・審査する所得は、世帯全体ではなく受給者のみの所得で審査します。 計算方法については下記をご覧ください。


  所得金額の計算

児童手当の所得制限限度額は、前年中の所得から諸控除額と社会保険料相当額(一律80,000円)を差し引いた金額で審査します。

・前年中の所得…2018年6月から2019年5月分の手当は平成30年度(2017年中)の所得になります。

・所得が給与所得のみ・・・源泉徴収票の給与所得控除後の金額が前年所得となります。

【計算式】 前年所得-諸控除-80,000円(一律)=所得制限限度額と比較する所得金額
 前年所得諸控除 

 以下の前年合計額です。     

・総所得金額 

・退職所得金額

・山林所得金額

・土地等に係る事業所得等の金額

・長期譲渡所得の金額、短期譲渡所得の金額 

・先物取引に係る雑所得等の金額

・特例適用利子及び配当等

・条約適用利子及び配当等


以下の控除額と一律80,000円を前年所得から差引きます。

・雑損控除

・医療費控除

・小規模企業共済等掛金控除

・障害者控除

    (1人につき27万円、特別障害者の場合40万円)

・寡婦(夫)控除 ※1

    (27万円、特例寡婦の場合35万円)

・勤労学生控除

    (27万円)

※1…寡婦(夫)控除のみなし適用を含みます。詳しくは下記をご覧ください。


寡婦(夫)控除のみなし適用について

児童手当の所得判定において、未婚のひとり親に対する寡婦(夫)控除のみなし適用が平成30年度から新しくはじまりました。

未婚のひとり親の方で、現在、特例給付を受給中の方はお問い合わせください。

但し、婚姻歴のある人など、地方税法上の寡婦(夫)控除が適用される方は対象になりません。


・このみなし適用によって所得税や住民税等が変更になることはありません。

・寡婦(夫)控除のみなし適用を行う前の所得が、所得制限額未満であることが明らかな場合には申請の必要はありません。上記所得制限限度額一覧をご確認ください。



支払時期

原則として毎年6月、10月、2月にそれぞれの前月分までの手当を支給月の9日に指定された口座へ振り込みます。

ただし、9日が金融機関の休業日にあたるときは直前の営業日となります。

口座変更を希望される場合、子育て支援課で口座変更届の提出が必要です。

口座名義は受給者本人のものに限ります。配偶者・児童の口座には振り込めません。ご注意ください。


申請方法

申請は、出生や転入から15日以内にお願いします。

児童手当は、原則、申請した月の翌月分からの支給となります。申請が遅れると、遅れた月分の手当を受けられなくなりますのでお早めに申請していただきますようお願いします。

※ただし、出生日や転入した日(異動日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても異動日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給します。【15日特例

※15日目が土・日・祝日となる場合、次の最初の平日までに申請をしていただければ、15日特例の適用対象となります。

公務員の方は勤務先での手続きとなりますので、ご注意ください。


現況届について

現況届は毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。


提出がない場合には6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。



電子申請について

岩倉市では平成30年2月1日から児童手当・特例給付の手続の一部が、国の「ぴったりサービス」を利用することにより、電子申請をすることが可能になりました。希望される場合は、下記URLから電子申請ください。

「ぴったりサービス」により電子申請をする場合、以下のことに注意ください。

  • マイナンバーカード、パソコン、マイナンバーカードに対応したICカードリーダライタ等が必要です。URL先でご確認ください。
  • 「あいち電子申請システム」を経由した申請となるため、あいち電子申請システムの利用者登録が必要です。

平成30年度の現況届についても電子申請が可能になりました。現在、申請できるのは平成30年度現況届のみです。


ぴったりサービス(別ウインドウで開く)

認定請求(初めての出生・転入等)

請求者は、ご家族の中で生計をたてられている方、一番所得が高く、児童を養育している方となります。

必要なもの

  • 印鑑
  • 請求者の名義の預金通帳
  • 請求者の健康保険被保険者証のコピー(請求者が厚生年金加入者〔会社員等〕の場合必要です。)
  • マイナンバー通知カード、または、個人番号カード(請求者および配偶者のもの) 

    

その他、必要に応じて提出する書類があります。

【例】

・請求者・児童が外国籍の方

 在留カード

・児童と別居している場合

 児童のマイナンバー通知カード、または、個人番号カード              

※児童の属する世帯全員の住民票で省略のないもの(児童の住所が市外にある場合) は、マイナンバー制度による情報連携の本格運用が開始したことにより省略可能となりました。      

※認定請求する年(1月から4月に認定請求する場合は前年)の1月1日時点において岩倉市に住民登録が無い場合、児童手当用所得証明書が必要でしたが、省略可能となりました。

 


児童手当 認定請求書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

額改定請求(第2子以降の出生等)

必要なもの

  • 印鑑

その他、必要に応じて提出する書類があります。


その他届出が必要な場合

次のような場合に該当するときは、必ず子育て支援課に届け出ていただきますようお願いします。

  • 受給者または児童の住所が変わったとき
  • 受給者または児童の氏名が変わったとき
  • 手当の振込先の預金口座を解約または変更されるとき
  • 受給者または児童が死亡したとき

寄付について

児童手当等の全部または一部の支給を受けず、これを岩倉市に寄付し、地域の児童の健やかな成長を支援するために役立ててほしいという方には、簡便に寄付を行う手続きがあります。

ご関心のある方は子育て支援課までお問い合わせください。

お問い合わせ

岩倉市役所教育こども未来部子育て支援課児童グループ

電話: 0587-38-5810

ファクス: 0587-66-6380

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ