ページの先頭です
メニューの終端です。

五条川の浸水想定について

[2019年4月1日]

ID:3342

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

五条川の洪水浸水想定区域図について

 平成27年の水防法の改正に伴い、愛知県が洪水浸水想定区域の見直しを行っております。岩倉市内を流れる五条川につきましては、平成30年3月23日に見直しがされ、公表されております。その結果について、ご確認ください。

 五条川の洪水浸水想定区域図には次の4点があります。

  1. 想定最大規模(別ウインドウで開く)
      想定し得る最大規模の降雨によって浸水することが想定される区域及び水深を表示したもの。

  2. 計画規模(別ウインドウで開く)
      河川整備において基本となる降雨によって浸水することが想定される区域及び水深を表示したもの。

  3. 浸水継続時間(別ウインドウで開く)
      氾濫水到達後、一定の水深に達してから、その浸水深を下回る時間を示したもの。

  4. 家屋倒壊等氾濫想定区域(河岸浸食)(別ウインドウで開く)
      想定し得る最大規模の降雨による洪水時に、堤防が侵食され、その背後に ある家屋が流出・倒壊することが想定される区域を示したもの。

※五条川の洪水浸水想定区域は、水位周知河川となっている、五条川と巾下川との合流地点より下流となっております。

お問い合わせ

愛知県一宮建設事務所
 〒491-0053
 一宮市今伊勢町本神戸字立切1-4
  0586-72-1411(代)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ