ページの先頭です
メニューの終端です。

住まいが災害などで被害を受けたとき最初にすること

[2020年7月10日]

ID:4616

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

被害状況を写真で記録しましょう

災害発生後、被災者支援を受けるためには、罹災証明書の交付を受ける必要があります。

そのため、市役所職員による被害認定調査が行われますが、その前に建物の修理、片付けをしてしまうと調査が困難となってしまいます。

調査をスムーズに進めるために、建物を修理したり片付けたりする前に、被害状況が確認できる写真を撮影し、保存しておくようにお願いします。

この写真は、被害認定調査の他にも、保険会社に損害保険を請求する際などに役立ちます。

被害状況の撮影方法

写真を撮る際は、「引き」と「寄り」の写真を撮影してください。

家の外を撮影する場合

・なるべく4方向から撮影する。

・浸水した場合は、深さがわかるように撮影する。

家の中を撮影する場合

被害を受けた部屋・箇所は全て撮影してください。

・被災した部屋ごとに全景を撮影する。

・被害を受けた箇所の「寄り」の写真を撮影する。

【チラシ】住まいが被害の受けたときに最初にすること

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ