ページの先頭です
メニューの終端です。

岩倉市教育委員会の後援名義を得るには

[2016年9月30日]

ID:66

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

催し物を行う際に市教育委員会の後援名義を使用したい場合は、申請書に催物の収支予算書とパンフレット・チラシ等の案を添えて提出してください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

岩倉市教育委員会後援名義使用に関する事務取扱要綱

目的

第1条 岩倉市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、演劇、講演会、研究発表会、体育、スポーツ、映画会等(以下「催物」という。)について、教育上適当と認められるものに対し、教育委員会の後援名義使用に関し、必要な事項について定めるものとする。

申請

第2条 催物の主催者は、教育委員会の後援名義使用の許可を得ようとするときは、岩倉市教育委員会後援名義使用許可申請書(様式第1)により教育委員会に申請しなければならない。

審査

第3条 教育委員会は、申請書を受理したときは、次の各号に定める基準により審査を行うものとする。

  1. 目的
     ア 政治的、宗教的、商業的な宣伝を意図しないもの
     イ 料金等から営利的と思われないもの
  2. 内容
     ア 教育上の見地から、児童生徒に対して有意義なもの
     イ 市民各層に対して広く教養を高め、教育、文化、体育、スポーツの向上に資するもの
  3. 主催者
     ア 特定の政治団体または宗教団体に関係しないもの、または同団体に準ずる組織の後援等を受けていないもの

許可または不許可の通知

第4条 教育委員会は、審査の結果、適当と認められるものには、後援名義使用許可通知書(様式第2)により、または、不適当と認めたものには、後援名義使用不許可通知書(様式第3)により申請者に対し、通知するものとする。

許可の効力

第5条 教育委員会が行った後援名義使用の許可は、申請書に記載された事項に変更が生じたときは、その効力を失う。

雑則

第6条 この要綱に定められるもののほか、後援名義の使用について必要な事項は、教育委員会が定める。

附則

この要綱は、昭和54年5月1日から施行する。
この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

お問い合わせ

学校教育課 0587-38-5818
生涯学習課 0587-38-5819

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ