ページの先頭です
メニューの終端です。

障がい者の雇用について

[2020年2月13日]

ID:4064

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

障がい者の法定雇用率

障がい者がごく普通に地域で暮らし、地域の一員として共に生活できる「共生社会」実現の理念のもと、すべての事業主には、法定雇用率以上の割合で障がい者を雇用する義務があります(障害者雇用率制度)。

法定雇用率は、平成30年4月1日から、下の表のとおりとなっています。

また、障がい者を雇用しなければならない民間企業の事業主の範囲は、従業員45.5人以上の事業主です。

事業主区分ごとの法定雇用率
事業所区分法定雇用率
民間企業(従業員45.5人以上) 2.2%
 国、地方公共工団体 2.5%
都道府県等の教育委員会2.4%


あいち障害者雇用総合サポートデスク

愛知県と愛知労働局が一体となり、障がい者雇用に取り組む企業を総合的に支援する「あいち障害者雇用総合サポートデスク」を開設しました。
サポートデスクでは、企業の障がい者受け入れに関する相談のほか、雇用した障がい者の職場定着に関する相談など障がい者雇用に取り組む企業の課題に応じた雇用から定着までの一連の支援を行っています。

詳しくは、あいち障害者雇用総合サポートデスクホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

お問い合わせ

岩倉市役所建設部商工農政課商工観光グループ

電話: 0587-38-5812

ファクス: 0587-66-6100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ