ページの先頭です
メニューの終端です。

山高帽[ヤマタカボウ]

[2016年11月5日]

ID:1646

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

民俗資料の画像

山高帽の写真

詳細

民俗資料に関するデータを紹介します。

整理番号

0914

法量

高:0.13
径:0.286

作品解説

フェルトを硬く加工して作られた礼装用の帽子である。1850年に乗馬用の帽子としてウィリアム・ボーラーが作ったことからボーラーハットと呼ばれる。19世紀末に流行し日本には明治6年頃に伝わり帽子の山が高い事から山高帽と呼ばれるようになった。

備考

フェルト製刻印有「ZEPHYR MAKE A.I.23/REGISTERED」
シール貼有「COOL&DURABLE MAKE BEST LONDON STYLE」

お問い合わせ

岩倉市役所教育こども未来部生涯学習課生涯学習グループ

電話: 0587-38-5819

ファクス: 0587-66-6380

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ