ページの先頭です
メニューの終端です。

不育症検査費助成事業

[2021年8月19日]

ID:5219

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

不育症検査費助成事業について

愛知県では、不育症検査に対する助成事業を行っています。
先進医療として実施された保険診療適用外の「流産検体を用いた染色体検査」を受けた場合、その費用を助成します。


1.制度内容について

●対象者 
申請日時点で愛知県(名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、豊田市を除く)に住所を有し、2回以上の流産、死産の既往がある方。 年齢や所得などの要件はありません。

●助成対象となる検査  
流産検体を用いた染色体検査(ただし、先進医療を実施している医療機関で検査を受けた場合に限ります。)
愛知県内の先進医療実施医療機関:名古屋市立大学病院、名古屋市立大学医学部附属西部医療センター
※愛知県外の医療機関で検査を受けた場合も、助成の対象となります。

●助成の上限額
検査1回につき5万円まで

2.申請手続きについて

●申請期間
令和3年7月15日から令和4年3月31日まで
検査が終了した日の属する年度内に申請してください。

●申請手続き
愛知県江南保健所 

愛知県のホームページに詳細が掲載されています。
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenkotaisaku/huikujosei.html(別ウインドウで開く)

■問合せ先
愛知県江南保健所
電話:0587-56-2157(土日祝を除く)

お問い合わせ

岩倉市役所健康福祉部健康課

電話: 0587-37-3511

ファクス: 0587-37-3931

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ