ページの先頭です
メニューの終端です。

がん患者医療用補整具(アピアランスケア用品)の購入費を補助します

[2022年6月30日]

ID:5989

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

制度概要

 がん患者の精神的・経済的負担を軽減するとともに療養生活の質の向上を図り、就労継続など社会参加を応援するため、令和4年7月1日よりウィッグ・乳房補整具の購入費の一部を補助します。

対象者

以下の要件を全て満たす人が対象です。

  • 申請時に岩倉市に住民登録している人
  • がんと診断され、その治療を受けた人、または、治療している人
  • がん治療による脱毛、または、乳房が変形したことに伴い補整具を購入した人
  • 過去に同じ対象品で補助を受けていない人

助成の対象となる補整具

  • ウィッグ(頭皮保護用ネットを含む。なお、医療用ウィッグに限らず対象となります。)
  • 乳房補整具(補整下着(パットを含む)または、人工乳房(乳房再建手術等によって、体内に埋め込まれたものを除く))
 ※令和4年4月1日以降に購入したものに限ります。

補助金の額

購入費用の2分の1の額で上限20,000円(1,000円未満切り捨て)

補助の回数

ウィッグ、乳房補整具をそれぞれ1人1回

申請方法

(1)補整具を購入後、下記の書類を保健センターに提出してください。

  • 「岩倉市がん患者医療用補整具購入費補助金申請書」
  • 「岩倉市がん患者医療用補整具購入費補助金請求書」
  • がん治療を受けた、または現に受けていること、及びがん治療に伴う脱毛または外科的治療による乳房の変形を証明する書類の写し(治療方針計画書、同意書、お薬手帳、診療明細書など)
  • 患者本人(未成年者の場合は保護者)宛ての購入品目の品名・名称がわかる領収書の原本

 ※補整具を購入した日の翌日から1年以内に申請してください。

  • ご自身で申請書等を印刷する場合は、白色のA4サイズ用紙を使用してください。
  • 申請書等は保健センターで配付もいたします。保健センターで記入する場合は、振込先の口座番号等がわかる書類(通帳、キャッシュカードなど)もお持ちください。なお、口座名義は、患者本人(未成年者の場合は保護者)のものに限ります。
(2)申請を審査し、保健センターから「交付決定通知書」を送付します。その後、補助金を銀行振込します。

お問い合わせ

岩倉市役所健康福祉部健康課保健予防グループ

電話: 0587-37-3511

ファクス: 0587-37-3931

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ