ページの先頭です
メニューの終端です。

出産育児一時金

[2016年9月30日]

ID:2025

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

出産育児一時金

 岩倉市国民健康保険被保険者が出産された場合、出生児1人につき42万円の出産育児一時金が支給されます。早産、死産、流産でも妊娠85日以上であれば支給されます。

直接支払制度について

 医療機関でかかった出産費用を、被保険者が窓口で出来るだけ現金等で支払わなくても済むようにするため、出産育児一時金を出産費用に直接充てることが出来るよう、原則として国民健康保険から直接医療機関に出産育児一時金を支払う制度です。

 直接医療機関に出産育児一時金が支払われることを希望しない場合は、出産後に申請により世帯主に支払う制度を利用することも可能です。その場合は、ご自身で医療機関にお支払いいただくことになります。

 出産費用が出産育児一時金の支給額を超える場合は、その差額分は医療機関にお支払いください。また、支給額の範囲内であった場合は、その差額分は、後日、申請をしていただくことになります。

申請に必要なもの

 ○直接支払制度を利用しない場合

  • 保険証
  • 母子健康手帳
  • 医療機関から交付される代理契約に関する文書(直接支払制度を利用しない旨が記載されているもの)
  • 印鑑
  • 預金通帳(世帯主名義のもの)

 ○直接支払制度を利用した後の支給額との差額分を請求する場合

  • 保険証
  • 母子健康手帳
  • 分娩費明細書(医療機関から交付される費用の内訳が記載されたもの)
  • 直接支払制度合意文書
  • 印鑑
  • 預金通帳(世帯主名義のもの)

出産費用の貸付

 出産育児一時金の支給が見込まれる世帯主に、その支給を受けるまでの間、出産費用を支払うための資金を貸し付けます。

貸付対象

 出産する人が国民健康保険の被保険者であること、岩倉市国民健康保険税の滞納がない世帯の者

  1. 出産予定日まで1か月以内であること
  2. 妊娠4か月以上であり、出産費用について医療機関から請求を受けていること

申請に必要なもの

 ○1の場合

  • 出産予定日まで1か月以内であることを証明する書類

 ○2の場合

  • 妊娠4か月以上であることを証明する書類
  • 医療機関からの出産に要する費用の内訳が記載された請求書

お問い合わせ

岩倉市役所市民部市民窓口課保険医療グループ

電話: 0587-38-5833

ファックス: 0587-66-6100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ